5 萩本陣 ~会席料理と温泉と萩の夜景~

一泊目、萩温泉の萩本陣に着く頃、丁度夕立が降ってきた。

急いでホテルに入り、チェックイン!
部屋に入るとど~っと疲れが出た。

部屋はワケありの旧館で、エレベータとかが無く温泉もちょっと歩き、高級そうな雰囲気の新館と比べると、いかにも古めかしい一昔前のホテルといった雰囲気だったけど、安く泊まれるし、ウォシュレットもあり、二人としては万々歳だった。

少しまったりとして、夕食へ向かう。
すっかり空腹だ。

夕食は、会席。
長州鶏治部煮鍋や、山口県さんのコシヒカリなど、地産地消のメニューだ♪

萩本陣の会席膳

あらかぶの煮付け
あらかぶとはカサゴのことらしい。
長崎、熊本、鹿児島あたりの方言らしいが、萩あたりでもそう呼ぶのだろうか。

あらかぶ煮付け

小ふく唐揚げ
ふぐの唐揚げとは珍しい!
地元も海の土地だけど、こういうのはなかなか無いからなぁ。
美味しくてご飯が進んだb(´∀`*)

小ふく唐揚げ

食後は、萩本陣の温泉のある、湯の丸から出発するSL風の小型バスに乗って行く、奥萩展望台へ行ってみた。

湯けむりが風情を醸す、奥萩展望台の足湯に浸かりながら、萩の夜景を楽しめる♪
さっき降っていた雨も、この頃にはやんでいた。

奥萩展望台1

展望台からは、まるでミニチュアのように走る山陰本線の電車や、やたら主張しているパチンコ屋(苦笑)、それから、日本海に目を移すと、イカ釣りの漁火が点々と闇夜に浮かんでいた。

奥の方に点々と見えるのが漁火だったはず(´・_・`)
絶景足湯からの眺望

足湯では係りの人が見えている景色がどのあたりなのか教えてくれたり、気さくに写真を撮ってくれた♪

奥萩展望台 絶景足湯にて

15分ほど足湯に浸かり、景色を堪能して下山。
展望台には、なぜか恐竜がいたりもした。

奥萩展望台2

本陣に戻り、今度は温泉に入る。
温泉はとても広く、色々な浴槽があって楽しめた。

内湯は城壁を模した景観を堪能!
露天風呂は石垣をイメージした作り。

自社敷地内の深度2,000mの源泉を加温なし(30℃ぐらい)と加温有り(40℃くらい)で楽しめる一人用の「源泉の壺」
光の間という、イルミネーション風呂も良かった!

浴槽は全部で14種類もあって、朝と夜で男女が交代するので、早朝も入浴し、萩の温泉を楽しんだのでした(^^♪



   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示