スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇仙峡 ~2010秋~

2010年11月3日(水)の日記(今更w)

思いつきで特別名勝・御嶽昇仙峡へ「紅葉狩り」に行ってきた~☆

5:00浦賀駅発。ねむっっ汗
始発!

 まだ夜明け前・・・
昨夜調べたところ、この時間に出発すると、スーパーあずさに乗らなくても10分くらいしか変わらない時間で到着することが発覚。

 中央本線でコトコト鈍行。
昇仙峡は、甲斐の国甲府・・・今の山梨県甲府市にあるのです!

 6:40 八王子・・・寒っ!!

 8:38 甲府駅到着!!浦賀から実に3時間半(尻痛)

駅近くのコンビニで朝ごはんの納豆巻きを食べて・・・
甲府駅

 武田信玄公がお出迎え~♪♭♯
木漏れ日が揺れてます。

「むっ。長旅ご苦労であった」とばかりに
武田信玄公像

 甲府駅からさらにバスに乗車。昇仙峡滝上行きに乗る。
昇仙峡は全長5kmの渓谷で、バス停は下流から上流にかけて3ヶ所くらいあった。

 事前に調べたところ、まずバスで一番上まで行って、
そこから渓谷を下っていったほうが楽だとの情報を得たので、
悩むことなくその通りにした(笑)

 旅は「ゆとりあるボチボチ」 ザッツオール!

 甲府駅からでんこでんこと1時間ぐらいバスに揺られ、滝上に到着。

ちなみにバス代は¥870だった。
昇仙峡・滝上

 まずはロープウェイに乗る。
頂上まで約5分(¥1000)。あっという間にパノラマ台駅に到着!

パノラマ台

 八雲神社は、見事な紅葉。あざやか(o^。^o)

八雲神社の紅葉

 パノラマ台、というだけあって、景色は最高(o^-^)o

富士山スポットは何箇所かある!
富士山遥拝所

 富士山、奥秩父連峰、新府の町、アルプスと絶景の連続

奥秩父方面
奥秩父連峰

 ロープウェイで再び麓に降りると、いよいよ昇仙峡巡り
さぁ、5km歩くぞ~

運気を倍増させる、相性抜群の「水晶」と「龍」のモニュメント
水晶と龍


 まずは日本の滝百選に選ばれている
仙娥滝(せんがたき)

仙娥滝(せんがたき)

 なんと虹が掛かっていました♪

仙娥滝の虹
 
 せり出した岩の下をくぐる。

せり出した岩をくぐる

 何故か一円玉が隙間にビッチリ詰まっている。
なぜ???

なぜか一円玉

 みんな岩の右上に視線が・・・
なに?何?つられて見てみたくなる。

石門

 この岩は、石門と呼ばれる。
この石門、右上の重なり合った岩と岩、
なんと

浮いてる!

 う、浮いてる( ̄□ ̄|||)
落ちるぞ。いつか・・・


覚円峰

 昇仙峡のシンボル・覚円峰
むかし、エラいお坊さんがこの岩の上で坐禅をくんだそうな。
あの手この手でナイスショットを狙ったが、結局オーソドックスなアングルが一番マシだった(苦笑)

ゴジラ昇仙峡に現る!

 途中とちゅう休憩所があり、水晶の産地ということで、宝石売り場や、なんでかゴジラ(多分このフォルムは平成版だなw)が現れたり、案外場違いでも楽しめたりする。

ゴロゴロ

 昇仙峡のゴロゴロ岩は、兎に角大きい !
写真はそんなでもないけど、なかにはどうやってこんなデカイ岩が!?と思わせるくらいドデカイ岩がゴロゴロ転がっている。

ゴロゴロ2

 中間点くらいで疲れてきたので、ちょいと休憩。
今日は景色のほかに、グルメも満喫しようと画策していた(@^▽^@)
山梨といったら「ほうとう」
そして、せんだてB級グルメの王者に輝いた「甲府鳥モツ煮」
絶対食べるぜ!

ほうとう

 まずは、荒川が見え隠れするテラスでほうとうを頂いた(¥1200)
期待を裏切らない美味しさで、満腹に・・・
鳥モツ煮・・・きついかも・・・

愛のかけ橋

 愛の架橋。
愛する二人で渡れば、二人は結ばれるんだって。
へぇ~

 ピンでの来訪でしたので、今回は半分渡って引き返しました。
ふんだっ(´・ω・`)

トテ馬車

 トテ馬車。
こいつに乗って、40分ぐらいかけて、下流から上がっていけるんだって!

大仏岩

 大仏岩!

 昇仙峡は、このように岩や石に色々名前がついていて、オットセイとか、亀とか猫とかフグとか色々あるので、行った際はどれがどれだか、仲間や恋人とやいのやいのやりながら巡るのも楽しいね。きっと(遠い目)

ゴロゴロ3

 13:50 なんだかんだで4時間近くの滞在になった。
けっこう人が多かった。この時期は紅葉だからね~・・・


って、


まだ一部しか色付いてなかったぞ~(TOT)

 ヤフーの紅葉情報には「見ごろ」て書いてあったけど、
こりゃ一杯食わされたぜよ (`-´)゛
あと一週間くらいしないと見ごろにはならなそうだ。

やっとみつけた一枚を
昇仙峡の銀杏


 でも、素晴らしい景観であることは間違いなかったので、
やっぱり行ってよかった


 帰りのバス、昇仙峡は車でごった返しており、バスの運ちゃんは大激怒!自らバス降りて車輌整理したり、上手く誘導できない土産屋の係員に
「ぼんくらめ」
と罵声を浴びせたりで、強烈だった。。。

 怖い運ちゃんだったぁ(× ×)

 「て言われちゃうから、こっからはサービスしちゃおっかな」
と、運ちゃん途中で気持ちを入れ替えて、
「ほら、あそこ、富士山見えるよ!お客さん!!今度は正面だよ」
急に優しく喋り始めて、満員のバスは俄になごんだ。

「あ、うっかり停留所すぎちゃったよ。ちょっとバックするわ」


お調子モンめ~d(>_< )☆



 甲府でまだ多少時間があったので、甲府城に。

復元された稲荷櫓
舞鶴城公園
 
 良く晴れていた。
甲府城は、復元整備の途中で、これからもどんどん平成の築城を推し進める模様。

復元された山手御門
山手御門

 天守台からは富士山がよく見えた。

天守台からの富士山



 実に楽しい昇仙峡めぐりだったけど、
実感としては、京都行くより遠かった(苦笑)

 行きは横浜線。帰りは中央線新宿-品川経由で京急に乗り浦賀に帰着。
移動に9時間以上かかってます。

 もちろん、ケータイ国盗り合戦のイベント、「古戦場めぐり」も、天目山・江古田と攻略♪

しかし遠いね。甲州は。


追伸:
今気付いたが・・・今回の主目的
・昇仙峡  ◎
・紅葉   △
・鳥モツ煮 ×
・ほうとう ◎

ふたつしかクリアしてねぇ・・・
課題が残ったわ(苦笑)


地図:昇仙峡

関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。