38 摩周湖 ~ 硫黄山 ~ 川湯の朝

2012/10/24(水)5日目 5:50

今日が旅のど真ん中!!
川湯温泉は名湯の森ホテル きたふくろう で迎えた5日目の朝。

浦賀人は本日も早起きして、摩周湖を目指した!
天候は曇時々雨。イマイチだ・・・

紅葉の綺麗なクッシー街道なる道路を走り、25分程度。
まず、摩周湖第一展望台を目指す。

「霧の摩周湖」
と言われるほどに霧深き湖なのが、摩周湖。
年間100日以上は霧に包まれ、特に夏の間は月の半分は霧の中にあるという。

に、しても

摩周湖第一展望台1

ほとんど見えませぬ!

摩周湖第一展望台2

なんとか輪郭は見えたし、湖の青さもわかった。

摩周湖第一展望台3

摩周湖第三展望台もこの通り・・・
こちらは全くでしたね。

摩周湖第三展望台

これが、霧なのか単に雲なのかは議論が分かれるところだけどw
ともかくそうそう簡単にその全貌を見せてくれるほど、この神秘の湖は優しくはないことだけはよく理解できた。。。

摩周湖は湖の透明度が世界有数で、昭和6年8月には、当時世界一の透明度41.6mを記録している。
水深は211.5mもあるというから、ここにこそクッシーならぬマッシーがいても不思議ではないのではなかろうか。


滅法寒い峠から摩周湖を展望した後は、ホテルへの戻りの道すがら、硫黄山に立ち寄った。

硫黄山1

え!?
大丈夫なのコレ???

硫黄山2

コポコポ吹き出てるけど噴火したりしない?汗汗汗

硫黄山3

シュー・・・フシュー
ってなってるけど。。。

硫黄山4

それもあっちこっちで・・・
朝一で浦賀人3人以外に誰も人がいないのがよけい不安・・・

硫黄山5

振り返ると、色付いた林野と硫黄山の景色が曇なのに鮮やか。

硫黄山6

いちお、柵張ってあるけど、柵よりこっち側でも平気で噴出す黄色い硫黄・・・
目の前まで行けるけど、コワくて近寄れませなんだw

硫黄山7

もっとアクセスに難のある所かと思っていたけど、川湯温泉から散策路が続いていたりして、車道はほぼ平地。もっと山を登っていくイメージだったけど、山麓は簡単に行けた。

川湯の黄葉1

川湯温泉~硫黄山間のクッシー街道の黄葉の見事さといったら、見渡す限りのまっきっき!!

凄い!

奥のお山が硫黄山
川湯の黄葉2

珍しく車での朝巡りは、大体1時間10分で摩周湖まで行って硫黄山に寄って帰ってこれた♪
案外近かったな。

朝のきたふくろう

朝食バイキングは、団体さんのおばちゃんおじちゃん軍団でごった返していたので、朝風呂に入って冷え切った体を温めた。

朝食バイキングは健康な地産もの。
おばあちゃんのお客さんに頼まれて、牛乳を取りに行ってあげたらちょうど空っぽになっていて、係りの人にお願いして貰ったりした。

きたふくろう朝食バイキング1

YとTは先に部屋に戻ったけど、Nは朝食は毎朝まったり、美味しいコーヒーとヨーグルトを堪能して、部屋に戻った♪

写真は美味しいお味噌汁とヨーグルトねw
きたふくろう朝食バイキング2

さて、ではでは今日は宗谷岬まで行かなきゃならないけど、まずは屈斜路湖、阿寒湖と巡ってみましょうや☆



   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示