10 釧路湿原① ~北海道一周旅行~

①釧路市湿原展望台~サテライト展望台(北斗展望台園地)を歩く

釧路市街から釧路湿原までは、驚くほど近く、市街地の後ろ側に日本一広大な湿原が広がっているといった印象である。

釧路市湿原展望台
釧路市湿原展望台

西洋風の要塞のような、パッと見湿原にはちょっと似つかわしくない釧路市湿原展望台は、釧路市街から40分程度車を走らせたところにある。

国内最大の淡水魚

要塞はヤチボウズという、釧路湿原に生息する植物をモチーフにしているらしい。
要塞の中は釧路湿原に関する展示スペースや、お土産、軽食レストランが入っている。

臆病な性格のイトウ。カメラを向けるとタジタジと木片の陰に隠れていった
イトウ正面から

展示スペースは国内最大の淡水魚、伝説の魚イトウの展示も興味深く、主に湿原の成り立ちや植物700種・哺乳類26種・両生類4種・爬虫類5種・魚類34種・鳥類170種・昆虫類1150にも及ぶ大自然の坩堝、東京ドーム6125個分の日本一大きな湿原の魅力を伝えていた。

釧路市湿原展望台からの眺望

展望室・屋上から遠望する湿原は、色付き始めた原生林の先に広がっていた!
まことに広大。圧巻の大自然が目の前に広がっている。


予め了承していただきたいが、北海道の大自然の画像をアップするに当たり、この画像を見て決してガッカリして欲しくない。
写真の下手さにガッカリするのは良いのだが(良くないけどまぁ仕方ない)、「大自然とはこんなものか」と早合点しないで欲しいのだ。
所詮、素人のNにはその素晴らしさをカメラに収める技術も、また表現する文章力も無い!!!!
言わずもがなの事とは思うが、実際に見たときの魂を震わせるような感動は、是非当地に赴いて感じていただきたいと思う。


展望台内で北海道のスタンプ台帳や釧路湿原Tシャツを購入し、遊歩道へ向かう。
遊歩道は全長約2.5kmの遊歩道と、1.1km程度のバリアフリー遊歩道がある。

全長約2.5kmの遊歩道へ!!
湿原の遊歩道1

湿原散策に気が逸ってしまい、展望台の受付で借りられる熊よけの鈴を借り忘れてしまった(汗)

湿原の遊歩道2

なーとかだーとか、適当に声を上げつつ歩く。
北海道へ出発前にも熊出没が相次いでいるニュースを見たので、す、少しだけだけどコワかったかな・・・

湿原の遊歩道3

遊歩道は木道が主で、老朽化している箇所があり、歩くとゴットンと傾いたりして、ちょっとしたアスレチックな場所もあった。

サテライト展望台まで25分ぐらい掛かるから、のんびり森林浴を楽しみたい人以外は、バリアフリー木道からサテライト展望台を目指したほうが良いかも。。。
個人的には中々静かで良かったけど。

そろそろ森林浴に辟易し、ボチボチあのテレビや雑誌で見て憧れた湿原の大パノラマを拝みたいなぁ・・・
と思った頃に、ついに眺望が開け、サテライト展望台に到着!!

サテライト展望台1

期待は、より鮮やかな色彩を帯びて裏切られた。
情報で見聞きする春夏の釧路湿原は素晴らしく緑色だという。

秋はどのようなものかとあれこれ想像してはいたが、変にたとえてみればアフリカのサバンナを彷彿とさせる茶色と掠れた緑色の織り成す圧倒的な空間だった。

サテライト展望台2

木道から続く林の紅葉と、空の青さ、それから雲の白さがその色彩をより鮮やかにしている。

サテライト展望台3

デジカメに搭載されたパノラマ撮影の性能はここで遺憾なく発揮された!

クリックで大きい画像を見て!
サテライト展望台ワイド1

最大の40倍ズームで湿原の実態に近付いてみる。

サテライト展望台4

サテライト展望台は隣り合って二箇所有り、遊歩道側は眼下に林が迫り出して目に映るが、バリアフリー側は少し迫り出しが少ない。

いずれにしても、その並外れただだっ広さは林の遊歩道を抜け出して展望台が見えた瞬間に実感できる。
それと、バリアフリー側はさらにちょっと高い展望台があった。

サテライト展望台5

戻りはバリアフリー遊歩道。
ここから離れたくない
そんな感傷に浸りつつ、一行は温根内を目指すのであった。

バリアフリー遊歩道


 ☆北海道お勉強タイム②☆
釧路湿原の成り立ち
約3000年前に現在のような湿原になった。
約一万年前には、氷河期のため完全に陸地であった。その後地球は温暖化する。
約6000年前には温暖化で海水面が2・3m上昇し、この一帯は浅い湾となった。
気温は2・3℃も高く、現在は宮城が南限のハマグリヤシオフキが貝塚から発見されている。
その後寒冷化により約4000年前には現在の海岸線が形成されるが、湾口に砂洲が発達し、現在の湿地帯は水はけの悪い沼沢地になった。
沼沢地に生い茂ったヨシ・スゲが寒冷化と多湿な気候に伴い泥炭化し次第に湿原化。
約3000年前に現在湿原と呼ばれている姿になったという。
※出典はwikiと現地で得た知識(ほぼwiki苦笑)


関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示