中山道六十九次 15 醒井宿~柏原宿

 2012年5月12日(土)12:20 晴

 近江国最後の宿場、柏原宿まで5.9km、江戸日本橋から60次、京三条大橋から10次目だ。

東見附跡の枡形
醒井宿東見附・枡形

 醒井宿の東端、見附の枡形を過ぎ、5分ばかり歩くと一色一里塚の跡碑がある。
 碑石の傍らに植わっている松は、平成16年度近隣小中学生の卒業記念植樹だそうな。

一色一里塚跡

 巨大な「左 中山道」碑を振り返りながら眺めて、街道は国道21号と合流。

左中山道碑は江戸方面からの道標となっている
醒井宿・左中山道碑

 その少し先、ホテル リスボンを正しく左に入り、旧道へin!!

ホテル リスボンを左。

 右手にはリバーサイドのホテルが数軒、軒を連ね、左手には梓川の旧道の趣を残す松並木。ギャップのある道をゆく。

梓川松並木

 しばし梓川沿いの道。すっかり天気も良くなり、まさしく中山道日和だ。

柏原宿へ 梓川

 ここで、マップと標識に惑わされて、全然違う道を歩いてしまった・・・
 
梓川で痛恨の道間違い

 道ゆく道は道なき道で・・・
 クモの巣、ぬかるみ、竹やぶ・・・

てか、単なる竹やぶ・・・
梓川竹やぶ

 遂には崖を斜めに歩く様なありさま・・・
 
 ガラガラ!!
 ふいに足を滑らせて、木の枝を両腕でどうにか掴んで宙ぶらりん・・・こんな中途半端な崖で落っこちでもしたら、旅人としての恥辱!!それはもう、必死こいて火事場の馬鹿力。1回も成功したことないケンスイを、リュック背負ってるのにもかかわらず、ここ一番でやってのけ、どうにか急場は凌いだ。

梓川崖

 そして、この道は明らかに間違いなので、諦めて安全に川べりに降り、靴を脱いで靴下を脱いで、徒歩で梓川を渡り、旧道に復帰した。そもそも、あの橋を渡ったことがダメだったんだ・・・と今更ながら川辺の石に腰掛けて独り反省。

13:00
梓川徒歩渡り

 梓川の水は思ったより冷たかった。これはこれで気持ちよくて良かったw
 とはいえ、朝の佐和山城ダッシュと並び、ここでの梓川藪崖下りはかなり体力を消耗し、目立って足腰に疲労感が芽生えてきた。。。

歴史街道 中山道 柏原宿へ

 ようやく中山道に復帰して少し先で、本当はここで曲がるべきところに来た。
 小川坂で旧道は更に旧道へ入る。泥濘の道で、歩きにくい。
 この道は小川の関と呼ばれたところで、館跡の標識が建っていた。江戸期よりよほど古いものだと思われる。

小川坂 旧道から更に旧道へ

 そう長くはない旧道の旧道から出ると、柏原宿の枝郷の長沢(ながそ)である。
 天の川の源流、菖蒲池跡の先、太田道灌が一首詠んだ鶯が原を経て、柏原宿は目前だ。

聞くままに かすみし春ぞ しのばるる 名さへなつかし 鶯の原 13:26
鶯が原

 中山道の関ヶ原宿から番場宿までは九里半街道とも呼ばれ、木曽・長良・揖斐の三川から運ばれた荷物は、牧田川養老三港で陸揚げされ、関ヶ原で中山道に入った。

13:30
柏原宿石碑

 番場宿で船積の米原港道へ折れて行くのだ。醒井宿や番場宿で問屋場が多かったのは、この大量の荷物を運ぶために必要だったからなのだ。なるほど~☆

柏原宿西見附跡付近
柏原宿西見附跡

 西見附のすぐ先、江戸から数えて115番目の一里塚、柏原一里塚が復元されていた。青々とした青空に若木が風になびき爽やかだった。

復元 柏原一里塚

 旧宿場の雰囲気を楽しみながら歩く。徳川秀忠が建てた旧茶屋御殿の跡や、伊吹山を正面に眺めながらの風情が良い。

中山道 柏原宿

 柏原宿は水質水量に恵まれていた。150石の酒株が許可され、酒屋が数件合ったようで、大きな粕桶が酒造の跡に飾られていた。

造り酒屋跡の粕桶

 秋葉山常夜灯の建つ高札場(札の辻)跡の先、皇女和宮が宿泊した本陣の石碑があり、本陣・脇本陣ともに現在は民家だった。

柏原宿高札場跡

 柏原宿は、伊吹山を眼前に、閑静な道であった。

13:57
柏原宿伊吹山

 梓川でちょっと危険な目にあったけど、いよいよこの先の寝物語の里で岐阜県に入る。
 大分旺盛になってきた疲労感を抱え、柏原宿を出で、今須宿へと歩みを進めるのでありました。


つづく




関連記事

テーマ : 中山道六十九次
ジャンル : 旅行

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【中山道六十九次 15 醒井宿~柏原宿】

 2012年5月12日(土)12:20 晴 近江国最後の宿場、柏原宿まで5.9km、江戸日本橋から60次、京三条大橋から10次目だ。東見附跡の枡形 醒井宿の東端、見附の枡形を過ぎ、5

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示