スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36 嬉野温泉 シーボルトの湯

武雄温泉から30分程。嬉野温泉にやってきた。
佐賀の温泉の名所は数ヶ所あるが、二大温泉はほとんど隣接関係にある。

混雑で駐車場に車を停めることができず、困じ果てていたところ、いきなりおばちゃんが声をかけてきた。

「シーボルトの湯でしょ?そこ、そこ停めなよ。職員駐車場」
まじか!なんかスゲー申し訳なかったけど、せっかくなのでカラーコーンを一旦どかして停めさせてもらった。
せまい温泉街の道をぐるぐる回ってたから、助かった。
ありがとう、シーボルトのおばちゃん(*´▽`*)

嬉野温泉 シーボルトの湯

日本三大美肌の湯・嬉野温泉は、温泉地での「あるある伝説」と言って過言では無い、鳥が浸かって飛び去るやつである。

神功皇后征西の帰途、傷を負った白鶴が、心配する一行をよそに河原に降り立ち、湯浴みをしたところ、たちどころに傷は癒え、元気に飛び去ったという。
それを見ていた神功皇后が
①あな、うれしや (嬉や → 嬉野)
または
②うれしいの (嬉野)

と感歎したことに由来する。古来、土地の名はシャレでつけられていたのである。
武雄温泉と同じく、1200年程も歴史があり、肥前国風土記には、万人の病を治す名湯として記述がある。

嬉野温泉 ゆっつらくん

シーボルトの湯は、もともとは古湯と言われていたが、佐賀市の古湯温泉と重なるため、シーボルトの子孫に許可を取り、シーボルトの湯と命名したという。

「車、とめられた?」
風呂上がりに声をかけてきたおばちゃんは、さっき駐車場を案内してくれたおばちゃんだった。
このとき、シーボルトの湯の職員さんと知ったのだが、さっきはそこらのおばちゃんかと思ってたw

嬉野温泉 シーボルトのあし湯

足湯は無料だ。

藩境石は、番号石とも言われ、国境で佐賀藩と蓮池藩で争った際、新たに境界線を設け、藩境40kmにわたり、およそ2000個も設置されたという。20mに一つの割合だ。

藩嬉野温泉 境石

日本では他に例がないらしい。
和の国では珍しいだろうが、世界をみると国境というのは実に根深い問題があって、事実日本も隣国とやりあっている。
地続きならなおのことだろう。

おばちゃん、ありがとう!
うれしいの。あな、うれしや。

嬉野温泉は嫁の字と来れば宿泊予定だったが、立ち寄るだけになってしまった。また来よう('Д')


スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

35 武雄温泉 日帰りの湯

武雄温泉にやってきた。
秘窯の里 大川内山から45分くらいだ。伊万里からでも1時間かからないくらいだろう。

武雄温泉 重要文化財 楼門

重要文化財となっている、武雄温泉の象徴ともいえる楼門は、誰あろう、東京駅の駅舎を設計した、唐津出身の辰野金吾である。

楼門の中が駐車場にもなっていて、GWでもあり、ギリなんとか入れたけど、収納力はそこまで多くない。
楼門内にいくつかある日帰り湯のうち、鷺の湯に入ることにした。

武雄温泉 鷺の湯

シックですね。古めかしさが温泉の町っぽくていい!

武雄温泉 鷺の湯休憩所

湯に浸かる。
もともと長湯する方ではないので、割とサッと出る。嬉野温泉にも立ち寄るし。

武雄温泉新館も重文指定されている洋風建築物だが、内部はれっきとした温泉施設だ。
無料で見学することができた。

武雄温泉新館 男性用大浴場

二階からは、楼門も見える。
マンションが景観を損ねているなぁ。

武雄温泉 新館二階からの景色

板張りの廊下と、畳の部屋が良い感じ。休憩にはもってこい。
手前が南拾弐畳ノ間。

武雄温泉 南拾弐畳ノ間

楼門が竜宮門なら、新館は竜宮城だろう。
多分そんなイメージで、この武雄温泉は形作られたのではないか。

武雄温泉新館 重要文化財

一番古いのは元湯。蓬莱湯も併設だ。
全部別料金みたい。

武雄温泉 蓬莱湯 元湯

武雄温泉は開湯1200年と凄まじく古い歴史があり、唐津でもよく見てきた、神功皇后の伝説に由来する。
太刀の柄で岩をトン!っと一突き。たちどころに湯が湧き出たという。もとは柄崎温泉と云われていた。現存する5つの風土記の一つ、肥前国風土記にも記述がみられるという。

武雄温泉は本当にちょっと立ち寄っただけ。いずれ宿泊含めてもっとまったりしたいなぁ。
鄙びた町である。


関連記事

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

34 ”秘窯の里” 大川内山 伊万里焼を訪ねる

世に秘境はさまざまあれど、焼き物の秘境はそうはあるまいに。
”秘窯の里” 大川内山(おおかわちやま)!

伊万里焼の聖地と言えるだろう。

秘窯の里 大川内山

里は、坂道に窯元が並び、えんとつがそこここに天へ向かって伸びている。

秘窯の里

磁器発祥の地・中国に行けば、きっとこんな景色があるんだろうな、そう思わせる風景がそこにあった。

秘窯の里 青山窯のえんとつ

大川内山は、鍋島藩ご用達の窯元である。
日本で初めて磁器の製作に成功した鍋島藩は、有田から大川内山に指定窯元を遷し、藩主自ら主導の下で焼き物技術の向上・漏洩防止に努めた。

古伊万里、鍋島、伊万里。これら伊万里焼を象徴する名詞は、それぞれに意味合いがある。

古伊万里は、江戸時代に肥前で焼かれ、伊万里津から国内はもちろん、欧州などへ輸出されていった焼き物の総称である。そもそも、焼き物そのものを「伊万里」といったりするほど、伊万里焼は世界的にポピュラーであった。

鍋島とは、江戸時代に有田から大川内山へ遷した藩窯で焼かれ、諸大名や将軍、ひいては朝廷に献上された、最高級の焼き物のことである。

伊万里焼とは、古伊万里、鍋島も含め、現代においても高級な磁器であったり、または庶民的な、例えば可愛らしい絵の入ったリーズナブルなもの、伝統的な技法を活かしながらも、新たな技術開発によって、今でも進化し続ける焼き物なのである。


小笠原藤右衛門 角皿 まねきねこ

鍋島様式の伝統を守り続ける窯元・小笠原藤右衛門も、上のように愛らしい角皿を焼いている。
絵の具の無鉛化など、現代に適合し、柔軟な進化を遂げる。
多くの伝統工芸は、悪く言えば古趣に固執し、いたずらに付加価値だけ高まり、庶民には到底手の届かないものになってしまっている。手が届かなければ買おうとは思えないんだから、付加価値とは言えないか・・・

伊万里焼もそうだと思っていたが、高級なものも残しつつ、大衆受けする焼き物も編み出して行くスタンスは伝統産業全体が見習ってもいいのでは?
滅びてしまっては本末転倒だろう。人々と共にあっての伝統だ。

伝統工芸 鍋島 小笠原藤右衛門

大川内山でも数少なくなった、薪で焼く登り窯。
時々、教室なんかで使うそうだ。平成になって設置されたものだとか。

秘窯の里 登り窯

いろんな窯元に入ってみる。
高価なものから、アウトレットまで、様々な焼き物があって、目に優しい。時々、正気を失いそうな値段の物もあるけど、やはり観光向けに手に取りやすい伊万里焼もたくさん製作されている。

伊万里鍋島焼会館 焼物と喫茶

猫ちゃんの角皿や、アウトレットの器を数点買った。
焼物買うと、テンションがあがる(*´▽`*)


関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

33 有田陶器市!

2016年で第113回目の、有田陶器市。
毎年GW真っ只中に開催され、凄まじい混雑になるという。

旅程の運よく、ちょうどGWのうちの、平日に有田に行くことができた。
とはいえ、ビビッて日和って、近くにもある駐車場を避け、ちょっと遠くの有田焼卸団地に車を停めた。
伊万里から国道202号を走っている最中も、交通量の多さにビビっていたが、あれって多分、通勤ラッシュみたいなもんだったんだろな。

有田焼卸団地は、広い駐車場があり、空いていた。
団地でも有田焼の器とか、有田のお菓子を買えたりするけど、8時少し前。まだ開店前。

有田焼卸団地

歩く。有田の町並みを・・・といっても、道中にそこまで見栄えのある景色はないが、そんなところでも楽しく歩けるなら旅の精髄といえるだろう。

25分くらい歩いて、有田駅付近まで来たが、踏切の向こうに行かねばならないところをまっすぐ行ってしまい、あえなく戻る。有田駅の裏側も、路肩が無料の駐車場となっていた(整備員までいた)。

有田駅ホーム

ようやく有田駅。
有田磁器発祥の地・泉山磁石場の石が駅前に設置されていた。

有田磁器発祥の地 泉山磁石場の石

松浦鉄道とJR九州が乗り入れる有田駅。
シンプルだ。

有田駅

駅から2分程で有田陶器市会場である。
といっても、会場は恐ろしく横長で、ほぼ有田駅から上有田駅の、一駅区間の道路が丸ごとホコ天になって、道々に窯元やら業者やらが店を広げて陶器市を成している。

有田陶器市

陶器散策は、思った以上に楽しい!
いろんな器があって、よく見るようなものから、窯元の渾身の自信作もあり、あれもいいな、これもいいなと、自宅に置かれる器を想像しながら歩き回るのだ。

陶器だけではなく、芋かりんとうから焼きそばから、様々軒を連ねている。

有田陶器市 揚げたて芋かりんとう

水が綺麗なのは、佐賀の特徴だろうか。七ツ釜をはじめ、玄海国定公園の海の
透明度といい、この有田のせせらぎといい、見よ!
こんなに美しい水の景色があったんだなぁ。

有田のせせらぎ

まだまだ歩く。

鯛のね(*^^)v
好き(*´▽`*)

唐津くんちの鯛の焼き物

有田はまた、重要伝統的建造物群保存地区でもある。
町並みの中に伝統的建造物はそこまで多い印象は受けなかったが、そこはかとなく印象深い建物は残っていた。

有田 辰山窯

そ、それにしても・・・
長い道のりだ。気温もうなぎのぼり。市場の人に聞いてみて、あとどれくらいかと聞いたら、なんとまだ半分くらいだという。なんという長さ!

607 有田皿山 岩谷川内區

Nの旅路はたいてい行くところまで行って後悔するんだが、あまりに長いので、珍しく諦めてしまった。これはなかなか強敵!有田陶器市恐るべしだ。

2016年は日本磁器誕生・有田焼創業400年

そして、買うなら閃きで買うべきだ。あれ、これとチェックしつつ巡っても、記憶はどんどん上書きされ、最初の方はすっかり忘れてしまう。

帰り道。自宅で使う醤油さし、砂糖入れを購入。意外にかわいいもの好きなんです。
伝統的な有田焼もいいけど、オシャレで新進気鋭な有田焼もいいよね!

有田陶器市 古田商店 碗琴コンサート

椀琴コンサートは、有田駅寄りの古田商店で中学生くらいの女の子が演奏している。ジブリやディズニーといった、かわいらしい音楽を演奏していた。
お見事なもので、お椀でこんなに忠実に音階が作れるものなのかと驚くことしきりだった。

帰りは無料のシャトルバスが出ていた。行きは早すぎたんだなw
結論。有田陶器市はGWの平日の朝一は、けっこう空いている!


関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

32 ビジネスホテル新天 2010

2日目に泊まったのは、ビジネスホテル新天2010。
東京ヴェルディ1969みたいな感じだけど、まぁ新天と呼びませう。

伊万里駅から10分程度。あっという間に畑の中のビジネスホテルだ。
閑静。

ビジネスホテル新天2010

表札。
もともとは、民宿まごころといったらしい。

ビジネスホテル新天2010 表札

部屋に入ってびっくり。
キッチンがあるってのは、なんとなくサイト見て知ってたけど、やはり思いのほか意外な感じしますな^^;

499 ビジネスホテル 新天 キッチン

部屋も広々!
壁も防音壁ということで、長期滞在に向いてるね!

ビジネスホテル 新天 キッチン

クローゼット広いわぁ!
いままで割と普通のビジホに泊まることが多かったから、ワンルームっぽい部屋がもの珍しく、あっちこっち撮ってしまった(;^ω^)

ビジネスホテル新天 部屋

トイレもバスとセパレートでウォシュレットで過ごしやすい\(^o^)/

新天は、(株)伸建設工業の施設らしい。会社と隣接してるなんて珍しい。
社宅かなんかだったのかな?

社訓 伸建設工業

ロビーには熱帯魚!
高級感のあるホテルじゃないけど、演出がいぶし銀!

ビジネスホテル新天 ロビー

丸窓の休憩所。う~ん。地味に色々面白い宿だ。

ビジネスホテル新天 丸窓からの景色

部屋からの景色。
結婚式場のロイヤルチェスターが左隅に見える。
駅方面は少しビルなどが立ち並ぶ。
部屋にはもれなくバルコニーがついていた。

ビジネスホテル新天 部屋からの景色

朝食。健康的ですね☆
どうせこれからめちゃ食いしたりするんだから、朝くらい整えるにもってこい。

ビジネスホテル新天の朝食

コーヒーカップは伊万里焼でしょうか。ちがったら申し訳。
オシャレ。

ビジネスホテル新天のコーヒー

ビジネスホテル新天は居心地抜群の快適空間。
値段は5100円だった。Wifi完備。マックスバリュ伊万里駅前店まで6分くらい。ラーメン屋がマックスバリュの近くにあった。


関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。