25 古代秋田の政庁!秋田城跡

秋田城は奈良~平安期の古代城柵である。
あきたじょう。あきたのき。とも読む。

柵というと、ちょっと差別的な感情を感じぬでもない。
蝦夷に対し、「柵で十分。城など不要である」そんな印象がある。

文献や古跡において、柵の初見は新潟である。
年代が進むにつれ北上していることから、蝦夷をやっつけて、その先端に「柵」を築き要害としたのであろう。

国指定史跡 秋田城跡

ただし、その内容は防衛としての「城」というよりは、政庁としての「城」の色が濃い。

ちなみに、この頃の日本海側は表日本といえる。
海の向こうには強国・中国がいるのだ。
海という天然の水堀を隔てているとはいえ、お隣さんである。

秋田城跡 築地塀(復元)

太平洋側なんてむしろど田舎で、広大な海がどこまでもどこまでも続くだけだった。
北前船が日本海沿岸を伝って文化や物資を国内外に広めたのもそのためで、太平洋側はリアス式海岸という天然の良港がありながらほとんど発展しなかった。

最近思うのは、ひょっとしたら太平洋側は定期的に押し寄せる巨大津波のために発展が阻害された側面もあるのかもしれない。

秋田城跡 外側の東大路

ともかく、秋田城は政庁としての顔が強く、水洗式のトイレが完備されていたり、海外からの饗応施設らしき遺構があったりと、さながら平安京のミニ版といった感じである。

時代の流れの中でその重要性は減少したらしく、築地塀などは単に木材を建て並べただけの塀になったようで、こうなると政庁どころか、本当に単なる柵程度の効能しか期待していなかったようだ。

秋田城跡 政庁への大路

敷石の無い土を固めた道路は12m幅の立派なものだったが、これもやがて9mに縮小されている。
石畳でなくても、雨でぬかるんだりしないよう何層にも敷きならした土を固めてあったので、コンクリートまでとはいはないが、それなりにしっかりした道路であったことがわかる。

秋田城跡 復元門

秋田城は多分、大和朝廷の国力の衰えに比例して衰退している。
大地震によって崩壊したりもしたし蝦夷の反乱によって乗っ取られたりもした。

それでも、11世紀までは存続していたようだが、大和朝廷の蝦夷討伐が捗ると、その重要性は反比例に減少し、やがて廃城となったようである。

秋田城跡 政庁跡の築地塀

なお、秋田城は衰退したが、秋田城介という国司の名称は存続し、やがて官職となり、織田信長が明智光秀を惟任日向守、羽柴秀吉を筑前守などと九州制圧の一策としたように、嫡男信忠に秋田城介を名乗らせている。

秋田城跡 復元政庁模型

盛者は必衰なのである。
ミニ平安京だったであろう秋田城は、今はグラウンドや公園となっていた城域の中で、多少居心地悪そうに居座っているようであった。


なお蛇足であるが、この間、嫁ちゃんは車で眠っている。
旅の始まりから聴いている海援隊は、すでに解散を迎え、平成の時代に入り再結成した。
関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

24 太平山三吉神社

古くから人々の信仰の対象とされた山。
太平山。日本の典型的な山岳信仰だが、東北に遠征してきた西の国の将軍も戦勝を祈願して堂宇を建立した。

これも典型的な東北の信仰のパターンで、西の国の将軍つまり征夷大将軍・坂上田村麻呂の逸話が東北には数多い。

太平山三吉神社

太平山三吉神社は、基本的には前述の通り山岳信仰の神社であるが、どの古社もそうであるように、神を祀っている。

国造りの神 大己貴神(オオナムチ)
病気平癒の神 少彦名神(スクヒコナ)
気は優しくて力持ち。秋田の守護神 三吉霊神

の三柱である。
オオナムチ・スクヒコナは実在のモデルがいるかは別として、三吉霊神は室町時代の豪族が神格化された人であり、神社も「三吉」であることを前面に押し出していることからよほど大切にされているのであろう。
かえって生前は騙されて太平山に籠ったという非業があるから、より死後は盛大に祀られたのであろう。

太平山三吉神社鳥居

社域は小さく、参拝はあっという間であった。
ともかく日照りが来そうなので五穀豊穣と子宝を祈るのであった。

太平山三吉神社 社殿

神社からは霊峰・太平山が見える。

太平山三吉神社 平山遠望

標高は1170m。
里に暮らす人々に自然の恵みをもたらす山として信仰されてきた。
山頂には奥宮がある。

勝負の神でもある藤原三吉にあやかった三吉梵天祭は「けんか梵天」と言われるほど豪快なお祭りで、毎年1月17日に開催されている。
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

23 秋田市立赤れんが郷土館と川反ぷらぷら

赤れんが郷土館は、旧秋田銀行本店本館で国の重要文化財に指定されている。
外観はルネサンスを基調にしつつ越屋根には北欧風の銅板ぶきが用いられている。
内装のはバロックが見られ、壁面の装飾の複雑さが目を見張る。

秋田市立赤れんが郷土館

秋田美人な学芸員さんに受付をし、郷土館を見学。
営業室は広々としている。白基調の広々空間だ。
旧頭取室・紅縞石の暖炉は茶色空間で、冬でも暖かなイメージの部屋だった。

秋田市立赤れんが郷土館 旧頭取室・紅縞石の暖炉

観覧料は200円と安かった。
それにしても暑い。
この東北夫婦旅の催された2015.05は、記録的暑さが続いた。
桜なんてとっくの昔に散っていたし、場所によっては真夏日30℃を超える日もあった。
秋田市内をぶらついている時間帯は朝10時ごろまでなのだが、それこそ真夏の炎天下を歩いているようだった。
ただ違うのは、湿度が低いことで、少し日陰に入れば爽やかな5月の風を感じることができた。

川反旭川

赤れんが郷土館から歩ける距離。旭川の周辺をぷらぷらする。
ここは秋田随一の歓楽街・川反。

秋田の歓楽街・川反

朝の顔は眠たげにシャッターが閉まっていた。
古着などで江戸後期から昭和にかけて繁盛した旧金子家住宅。

旧金子家住宅

日本の近現代のある時期から、急激に赤れんが郷土館のような建物が建った。
弘前にも、函館にも、盛岡にも似た風景があった。

洋館の建築は明治期に行われた。
日本中に似た風景があるのだろう。
レトロ。と言われ最近脚光を浴びている。
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

22 久保田城跡~佐竹20万石の城~

久保田城。
久保田藩主佐竹氏の居城である。

今の秋田市内の中心部に城跡はあり、建造物のほとんどは失っているが、水堀や土塁など自然の地形を活かした構えは遺っている。

2015年のGWは本当に暑かった。
まるで夏が勘違いして到来してしまったかのようだった。

大手門の水堀前はポケットパークとされ、小さな憩いの場となっている。
噴水が水堀に設置され、一斉にしぶきをあげていたのが涼しげだった。

千秋公園ポケットパーク

佐竹氏は源氏のれっきとした血筋であったが、関ヶ原で石田方の西軍につき、付いたが大して戦わず、そうした態度も徳川から嫌われ、ほとんど家康の趣味であった血筋保留というそれだけの理由でのみ存続を許され、ここ秋田に「左遷」された。

そういう、卑屈な面を多く秘めている。そんな目でこの城を見てみると存外面白いかもしれない。

大手筋は東側の黒門跡を経由するが、城郭的には広小路に対して正面の中土橋を経て松下門を通るのが普通に見える。

大手筋。奥に見えるのが黒門に至る唐金橋跡
久保田城 内堀

どちらから入っても、城山の東側に広がる二の丸に至る。
ただし松下門の先から二の丸へ至る短い道はやはり地味な印象で、中土橋が分断する大手門の堀・穴門の堀は雄大な幅を擁するがゆえに、威風を伝える一種の装飾であることも窺わせるのである。
西側と北側は帯曲輪であり、二の丸に連結されている。

黒門の枡形。枡形として基本的な構造である
久保田城 黒門跡枡形

二の丸はなかなか広大で、その更に奥には胡月池といった庭園のような風情や馬場が広がっていたが、それらは素通りでストレートに長坂を経て本丸に至ることができる。
そこまで守備に力を入れなかったのだろうか。シンプルすぎる構造に思えた。

売店の左側が長坂
久保田城 二ノ丸

本丸へ至る長坂。
織田信長の安土城や犬山城に見られる大手道の踏襲のような坂だ。

久保田城 長坂

長坂を登ると、長坂門だ。
久保田城は石垣を使用しない城であったが、腰巻の石積みを土塁の抑えとして用いてはいた。

久保田城長坂門跡枡形

長坂門の枡形の先は、この城の壮大さを忍ばせる再建された表門(一ノ門)と、この城唯一の現存建造物・御物頭御番所がある。

久保田城 御物頭御番所

御番所は江戸末期の頃再建されたが、場所は当時から変わらず、長坂門の開閉や、城下一帯の警備、登城者の監視などを、番所に詰めた物頭が担当した。

久保田城 御番所内部

再建された表門は一ノ門とも呼ばれる本丸の正門であった。
木造二階建ての瓦葺櫓門は、佐竹の意地を感じることのできる壮大な造りとなっており、佐竹氏の家紋である「五本骨扇に月丸」があしらわれている。

久保田城 再建表門(一ノ門)

表門をくぐり本丸に入ると、表門の礎石が展示されている。
本来は再建された表門の場所にあったものである。

久保田城表門礎石

本丸から東側を眺める。
下手には二の丸の胡月池が、その先には太平山の方面が見渡せる。

久保田城 本丸から胡月池と城下

本丸には佐竹義堯公銅像が。
近代秋田を開いた久保田藩最後の藩主である。

久保田城 佐竹義堯公銅像

銅像は大東亜戦争に出兵し帰らぬ身となったが、往時をしのぶ人々の想いを受け最初は旧銅像の原型として残っていた小さな銅像を、そして市制100年を記念し平成元(1989)年に完全に復元された。


久保田城は天守の無い城であったが、北西の一番標高の高い場所に隅櫓があった。

久保田城 再建御隅櫓

御隅櫓と呼ばれていたとしたら、実質天守だったのであろう。
構造は二階建てであったが、再建の際展望室を設けたため隅櫓の居住まいは隅櫓然としていない。

久保田城 御隅櫓

初めて来た2010年は朝早すぎたために御隅櫓には登れなかったが、今回は登ることができた。

久保田城 再建模擬御隅櫓からの秋田

城内は佐竹の資料や城下の復元模型など。
こういう展示はどこも同じね(;´∀`)

久保田城下復元模型

唐金橋から城外へ。
かつての20万石の城も、今では都市公園だ。

久保田城 唐金橋跡から内堀

今は千秋公園と呼ばれる久保田城跡の主要部分はともかく、他は都市の中に埋もれつつも、建つ碑によってそこが城郭のどの部分であったか、あるいは何と呼ばれた町だったのかが窺える。

久保田城穴門跡

秋田に巨大な城は無い。
しかし、この久保田城は近世城郭として江戸期の太平を護った。

久保田城穴門の堀

久保田藩の石高は、当初20万石であったのに対し、新田開発などの努力で幕末には実質40万石を持っていたという。

秋田は思ったより大きな都市である。
久保田城の時代の頃からの、悔しい思いが都市を大きく発展させた原動力なのかもしれない。

ただ、城跡には秋田美人はおりませなんだ。
関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

21 秋田の朝。秋田駅散策。

3日目 2015.05.03(日)7:00 晴

秋田の地酒で泥酔寝落ちした夫婦は、いよいよ最終日の朝を迎えた。

酒量が多くは無いので二日酔いは無し。快適な目覚めをし、グラティア自慢の秋田天然温泉での朝風呂を満喫して朝食を迎えた。

秋田天然温泉ルートイングランティア秋田SPA RESORTの朝食

ヨーグルトもコーヒーも美味しかったけど、郷土料理がもっとあっても良かったなぁ(;´∀`)
グランティアのシャトルバスに乗って、秋田駅まで連れて行ってもらい、秋田散策を開始。

JR秋田駅

駅でけっこう大きなお土産屋さんをふらふらしたり。

秋田駅中央口改札

改札近くのなまはげ顔出しの記念撮影をしたり。

秋田駅 スポッ!となまはげ

秋田のお祭りの竿燈。なかなか迫力がある。

秋田駅の竿灯モニュ

2010年に来た時は東口を車から見た。今回はお城側の西口だ。

JR秋田駅外観

なかなか趣のある蔵は、駅から久保田城へ向かう道で発見。

秋田市内 蔵

駅付近は大都市に見える秋田。
駅から城方面に歩き、左手にビル群。右手に民家の中にポツンとある蔵を観つつ、久保田城へ向かった。
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示