18 福岡篇⑧ さらば福岡!夜バスで三ノ宮へ

2015.03.29(日)22:00

福岡城の夜桜を堪能し、ヤフオク!ドームまで歩いて大濠公園から地下鉄で中洲へ帰ってきた上司と部下は、博多での最後の晩餐をチェーン店の 大漁日本海庄や 中洲川端店で過ごした。

名物!玉ちゃん焼き

長崎名物!玉ちゃん焼きや博多焼ラーメン、フグの唐揚げなど、ご当地ものをこれでもかと食べた。

博多焼ラーメン

そして、上司さまと中洲川端駅でお別れをし、博多駅筑紫口へ。

礼服を元通りに入れたボストンバッグをゆさゆさしながら高速バスの待合場所である、バスストップカフェへ。

バスストップカフェ

店内はオシャレではあるがバス待ちのお客でごった返していた。
お茶してる雰囲気でもないので、コンビニで買ったペットボトルの緑茶を一口飲み、歯磨きとトイレを済ませた。

高速バスのりば 博多駅筑紫口

高速バス亭は、何度も経験した、横浜天理ビルでのそれと同じで、これから出発するんだという高揚感で胸が高鳴った。
席は最前列の窓際。なんでか、そうなることが多い。

さぁ、福岡とも、九州ともお別れだ。
次回は嫁と美味いもん食いに来てェなヽ(^o^)丿
バスは23:00.予定通り兵庫は三ノ宮へむけ出発。

佐波川SA

ユタカライナー 博多-三宮

福山SA、三木SAと休憩をはさみ、

2015.03.30(月)6:10
兵庫県の三ノ宮に到着。

JR三ノ宮駅

コンビニのトイレになかなか入れず苦戦したが、早速姫路へ向け、JR三ノ宮駅から電車に乗り込んだのであった。
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

17 福岡篇⑦ 筑前国一宮 筥崎宮

2015.03.29(日) 夕方
上司さま数名を空港で見送り、居残り組の私と、直属上司さまと福岡城の夜桜を満喫し、ヤフオク!ドームへ歩きつつ思い出す昨秋の筥崎宮☆

ヤフオク!ドーム夜景

朝の博多中洲めぐりで登場した住吉神社が筑前一宮なら、日本三大八幡とされる筥崎宮も筑前国一宮なのである。


2014.09.26(金)昼過ぎ

地下鉄筥崎宮前で電車を降りると、すぐに参道だった。
振り返って参道の始点を見ようとすると、ずっと海まで続いている様子。

折角なので行けるところまで行ってみた。

お潮井浜から博多港と福岡都市高速

漁業の方の港の横合いから眺めることはできた。

お潮井浜

あの浜には行けそうにないなぁと思っていた矢先、子供連れのお母さんが、横道から浜へ入っていくのが見えた。

そこはお潮井浜というらしい。
この浜の真砂をてぼ(籠)に入れ、持ち帰りお清め、虫よけ、豊作祈願などに使用される。

春分と秋分にちかい「つちのえ」の日には社日祭としてお潮井とり神事が行われ、厄除開運の祈願が賑やかに行われる。

また、博多祇園山笠でもお汐井とりとして山笠期間中のお清めとして使われる、神聖な真砂なのだ。

お潮井浜鳥居

さて参道をこのまま参りたいのであるが、道路の手前で柵が張られているので、いったん元来た道を引き返し、参道を再び歩く。

この先柵で通れない
お潮井浜参道

立派な大鳥居と常夜燈。
鳥居は石鳥居だ。参道はかなり広々である。

筥崎宮 大鳥居

同じく石の二之鳥居をくぐり、一之鳥居は黒田長政建立の鳥居で、筥崎鳥居と呼ばれる珍しいもので、国の重要文化財に指定されている。

筥崎宮 一之鳥居 重要文化財

境内も広々であるが、祭礼時には人が殺到するであろう。

筥崎宮境内

楼門で参拝をする。

筥崎宮 楼門 重要文化財

楼門、拝殿、本殿は重要文化財だ。
千利休奉納の石灯籠も境内にあり、そちらも重文となっている。

宇佐・石清水とともに日本三大八幡宮に数えられ、武神として武士からの信仰が篤い。
祭神は主祭神・応神天皇で、神功皇后、玉依姫命が祀られている。

敵国降伏の額が掲げられる筥崎宮。
覇道ではない、王道であるべきと説いている。
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

5 八戸城跡と周辺散策

八戸城跡は、現在三八城公園となっている。
三八城は みやぎ と読むのが正しい。

JR八戸線

公園の駐車場は無いようで、八戸市公会堂の向かいにある有料駐車場に停めた。1時間200円だ。

八戸城跡

すぐ近くの根城の支城として初めは築城されたが、三戸を拠点とする南部氏が勢力を持ち、やがて要衝であった八戸を本城とし、城下の整備をみる。

根城も南部氏(根城南部氏)であるが、江戸期に遠野へ移封となった。


公会堂の所から公園内に入ると、すぐに三八城(みやぎ)神社がある。
祭神は南部藩初代藩主の南部信房と、甲斐源氏の祖である新羅三郎義光、南部氏の祖である南部光行である。

南部氏は、れっきとした源氏の流れを汲む名門なのである。

三八城神社

そんな三八城神社に、弁慶石という足型に抉れた岩がある。
力自慢の弁慶が付けた足跡であるとさる。

ここ三八城山は、東北・北海道で根深く根強く残る、義経北行伝説の地でもあったのだ。

三八城神社 弁慶石

馬渕(まべち)川の東の野原を京ヶ原、その先の洲先を京ヶ崎と、この城山から見渡した義経が名付けたとされる地名が今でも残っている。

北海道でも弁慶岬という岬があった。北へ北へと逃れた義経一行は、やがてチンギス・ハーンとなったという伝説はあまりに有名である。


さて肝心の八戸城の遺構であるが、遺構といった遺構はほとんどない。

八戸城本丸跡

公園が本丸に該当する場所だが、中央あたりに天守台をほんのり意識しているのか土が盛られている場所がある。

八戸城跡 本丸跡土壇

そこには八戸城趾碑。
こういう城趾碑は好きだ。
碑に書かれた歴史や謂れが興味深い。
大体読めないけどw

八戸城趾碑

城趾碑の傍には拓本された案内板があり、そちらは誰でも読めるように書き下されていた。
要旨は南部氏の歴史と八戸城の成り立ち、そして昭和3年の趾碑建立の目的であった。

初代藩主の南部信房公の像も同じ場所にあった。
八戸藩はおよそ2万石の中小藩であった。

八戸城跡 八戸藩初代 南部信房公像

こちらも、櫓台をほんのり意識したような展望台があった。

八戸城跡 櫓台風展望台

小山の三八城山であるが、景色はなかなかだ。

八戸城本丸からの眺望

天守台風盛土の反対側には水堀風な池。

八戸城跡 水堀風池

盛土、展望台、池。
どれもこれも、この公園を普請した人の意図なのか、何となく城と関連付けることがどうにかできるような雰囲気に、ほんのりなっている。

城跡から本八戸駅が見えたので、せっかくだから徒歩5分くらい、ゆるやかな坂を下り行ってみた。

JR本八戸駅

駅舎内は思いのほかきれい。

本八戸駅舎内

駅を眺め、元来た道をもどる。
なかなかオモロな。

レースクイーンは八戸出身者が多い

龗(おがみ)神社。
八戸市最古の神社と伝わる。
ここに義経の夫人(常盤ではない)が葬られたという。
国指定の重要無形民俗文化財である、八戸三社大祭発祥の神社でもある。

龗神社 おがみじんじゃ

歩けば見つかるもので、本丸内濠之跡を発見した。
三八城公園から道路一本隔てた場所で、やはり当時はそれなりの規模を持っていたことが窺えるが、どちらかというと、城郭というよりも御殿といった風ではなかったかと感じた。

八戸城本丸内濠之跡

公園が本丸と二の丸の一部という。
歩道橋・すずかけのはしのあたりは二の丸の端の方であったろうか。

八戸城二の丸(八幡町)

公園の入口からすぐのすずかけのはしの向こう側に、角御殿表門が復原されている。

歩道橋から角御殿表門

県重宝に指定されているこの門は、昭和後期に風雪で倒壊した際、門の冠木の中から毘沙門天が発見されたそうな。

角御殿表門

八戸城は、贔屓目に見れば、公園化された中にも丁寧に探してみれば城であったことのヒントが、城の内外に隠され散りばめられている。
といった印象であった。
関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

16 福岡篇⑥ 博多南線と やまやでランチ♪

2015.03.29(日)16:00
ぶじ、友人の感動的な結婚式に参加し終え、上司数名を空港に見送る。
空港内の居酒屋で飲みまくる大先輩たちと昔の故郷の話を聞きながら思い出す昨秋の明太子風味のから揚げの味w


2014.09.26(金)8:15
唐揚げを食べる前に、博多南線という、在来線なのに新幹線に乗れる不思議な電車に乗ってみた。
切符は新幹線や特急用だ。

博多南線の切符 博多から

乗ったのはレールスターだったと思う。
写真はつばめですね。

九州新幹線

10分程で博多南だ。
距離的には8.5km走っている。

博多南駅

で、帰る。
帰りの切符は普通だった。

博多南線の切符 博多南から

値段は300円。乗車券200円の、特定特急券100円だ。
実はこの路線、博多総合車両所という、JR西日本の車両基地への回送区間を営業路線として使用している珍しい路線なのだ。

博総が出来て後、近隣住民から回送電車に乗せてほしいとの要望があり、設置したものであるが、これによってそれまでバスで一時間程度かけ福岡中心部へ出かけていたのが、10分程度と大幅に改善され、宅地化も進んだという。

確かに近隣には博総と住宅くらいしかなかった(;´∀`)


博多に戻り(この時は後輩と行っていたことは確かどこかで述べた)、グルメな後輩が調べた「やまや」へ行ってみた。

やまや 明太子 ランチ

やまやの1000円ランチは生姜焼きや郷土料理のがめ煮があったが、我々は迷うことなく
鶏の唐揚げ明太風味定食
を注文。

鶏の唐揚げ明太風味定食 1000円

なんと辛子高菜も、高級な辛子明太子も食べ放題なのだ!!しかもご飯もお変わり放題!
素晴らしく気前のいい!!そうこなくっちゃ博多\(^o^)/♪

やまやの明太子・高菜食べ放題

そして旨い!!
初めての感覚。辛子明太子の味をほんのりさせた唐揚げのうまさよ!!
絶品絶品!博多で食べたものの中で、ダンのトツで美味い!一等賞だ。

後輩は三杯ご飯をお変わりし、食べ放題の高菜も明太子も信じられないくらい食べた。
気持ちはわかる!
かくいうNも大盛りでご飯二杯行ったし、明太子も高菜も超ほっぺだった(*´ω`)

ここは絶対また来よう。
博多での作業疲れを完全に抹殺し、一行は筥崎宮を目指したのである。


「Nおめっち聞いてんのか」
「へっ?明太子でしたっけ」
「ばかぁ、昨日の長浜ラーメンよ」
もうすぐフライトですw

福岡空港から飛び立つ飛行機
写真は2014.09.26

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

エビン 本格インド・ネパール・タイ料理

京急南太田駅から徒歩3分。
ドンドン商店街の入口に、新たに本格インド・ネパール・タイ料理のお店

エビン YABIN

が出来たので、散歩がてら嫁ちゃんと行ってきた^ ^



ディナーセットは何種類かグレードがあったが、割とスタンダードそうな1190円のセットにした。

まずミニサラダとドリンク。
ドリンクはラッシー♪



ラッシーはめちゃ濃厚で、飲むヨーグルトみたいで美味しかった。


サラダを食べてカレーを待つ。
やがて大きなナンとおっちゃんの独特ののっぺりした感じで
おまぁたせぇ(表現できない汗)

チキンティッカマサラ 中辛。
色々種類があって迷ったけど、チキン食べたいのと、色が気に入って頼んでみた。



なかなか辛さが効いて、ナンとの相性もよく、モリモリ食べれた。


嫁ちゃんは
ほうれん草キーマカレー 普通



こちらは安心する優しい味で、それでいてクセになりそうな味わい。

辛さは5段階くらいから選べて、中辛でも存分に辛く、普通なら安心の甘口だった。

ナンとライスは食べ放題で、夫婦そろってナンをおかわりして激しく腹パンになった。

なかなかおいしかったぞー\(^o^)/
スタンプカードも作ってもらい、再訪は約束された(笑)

お会計の時、おっちゃん、
「みな、忙しいねぇ~」
と、最初意味がわからなかったから、ええ、あははf^_^;
とやり過ごしたけど、あとあと嫁ちゃんと考えてみたら、やっぱり日本人は忙しなく見えるんだろなって思った。

お店は居酒屋ってことになっているようで、日本のお酒もあったりした。
ウチらは45分くらいしか滞在しなかったろうか。

おっちゃん、もっとゆったりできるお店にしたいのかもなー(´・_・`)

ともかく、なかなか美味しく、お店の雰囲気も良かったから、また今度はゆったりとカレーもししかばぶーも食べに行きたいな(^ ^)☆

関連記事

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
旅の記憶
旅日記や城巡りなどの一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示