スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4 高野山③ 金剛峯寺

壇上伽藍を出で、金剛峯寺に向かった。

車ですぐ。道はL字の枡形であった。
たまたまなのか、お城のように敵襲避けなのか・・・
広めの駐車場があるが、混雑時は入れなそう。

葉桜気味ではあったが、枝垂桜が残っていてラッキー(^^♪
海抜900mは伊達じゃないなぁ。

金剛峯寺

金剛峯寺の正門は文禄2(1593)年の再建。

金剛峯寺の枝垂桜

ちょっと混乱するのだが、本来「金剛峯寺」とは
(ごめんねちょっと長くなるかも…)
弘法大師 空海が
『金剛峯楼閣一切瑜伽瑜祇経』
(こんごうぶろうかくいっさいゆがゆぎきょう)
という密教のお経の深意を象徴するものとして命名したもので、高野山一山が全体で
「金剛峯寺」
と総称されていた。
大門も、壇上伽藍も本来は金剛峯寺の一角なのである。

いま、金剛峯寺と呼ばれているお寺は、豊臣秀吉が建立した剃髪寺が、後に青厳寺と改められ、さらに明治政府からの命で金剛峯寺に改められ、呼び名がそのまま一般化したもので、便宜上そう呼ばれている感がある。

金剛峯寺正門と桶

正門のところにも、本坊の上にも、、
桶、桶、桶。

本坊の天水桶

屋根の上の桶は、天水桶(てんすいおけ)という。
日頃から雨水を溜めておき、火災が起これば屋根からまき散らし、類焼を防ぐ。火災に備えた知恵である。
檜皮葺である本坊の屋根は非常に燃えやすく、再三再四焼失と再建を繰り返してきた。

500円でお堂内を拝観できる。

総本山金剛峯寺本坊

ちょっと割高な印象を受けたが、見学はなかなか楽しいものであった。

蟠龍庭(ばんりゅうてい)は日本最大の石庭とされ、『雲海の中で雌雄一対の龍が、奥殿を守っているように表現されている(総本山 金剛峯寺パンフ)』

正面から見てみないとわからないかな・・・
蟠龍庭・奥殿

しろーとのぬーでも、あぁ、綺麗だな。。。って思える見事なお庭だ。

堂内はほとんど撮影禁止だが、柳の間という、「殺生関白」豊臣秀次が自刃した部屋も見ることができる。

なにより良かったのが
お茶の接待。

金剛峯寺 お茶の接待

新別殿という広いお部屋でお茶とお菓子で一服させてくれる粋な計らい!(^^)!
夜通しの運転でほんの少し疲れた(強がりw)体を休ませることができた。

なかなかのリラックス空間だ♪

お坊さんとお話ししている人もいた。
新別殿

しばしお嫁と談笑のひとときであった。
議題は主に
「おなか減ったかえ?」


時刻は11時を少しまわっていた。
つづく。。

スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

3 高野山② 壇上伽藍

2014.05.01.10:00 晴

高野山の正門・大門の先、いよいよ世界遺産・高野山の核心部分に入ってゆく。

伊勢神宮、出雲大社、諏訪大社、熊野本宮大社、上山城、姫路城…
ぬーの行く先はよく工事中である!!

壇上伽藍

壇上伽藍の入り口、中門は現在八代目を建設中だった。
中門は再三の焼失と再建を繰り返し、今回は
『天保14(1843)年の焼失から172年ぶり。
高野山開創1200年記念大法会事業の中心に位置する大事業だ。』
(大林組 高野山金剛峯寺伽藍中門再建工事より)


とのこと。
いい感じで工事は進捗しているようだった。
順調にいけば今年中に完成するという。

8度目の再建が完成間近の中門
中門八代目再建中

工事の横をすり抜けて境内へ。
雰囲気のある場所(^^♪

壇上伽藍 境内

昭和っぽい!

壇上伽藍 苔と昭和

寺なのに神社もある。
「御社(みやしろ)」は社殿三棟が重要文化財指定されている。

御社。密教の聖地ですら日本古来の信仰の影響を免れ得ないのだ
壇上伽藍 御社

弘仁7(816)年、弘法大師 空海は、高野山を真言密教の根本道場として定め、その高野山の総称として、金剛峯寺と命名。
その、高野山の堂塔伽藍の中心として根本大塔の建設に着手、二代目の真然の代887年頃に完成したという。

根本大塔 ポカンと見上げるほどの大きさだ
壇上伽藍 大塔

1200年も前の話だけど、今の大塔は昭和12(1937)年の再建で、これも大林組の建設というから、大林組の歴史も相当なものである。
高さ50mは初代ゴジラと並ぶ大きさ。こんな高層建築が1000年以上前の日本の、しかも山奥に経っていたという事実にしばし息を飲んだ!!

多宝塔としては日本初にして最高身長だから、往時の真言密教の信仰の強さと建築技術の高さが相当なものだったことがわかる。


堂塔伽藍が多く再建されている高野山の壇上伽藍。
その中でひときわ文化的価値が高いとされ、国宝に指定されているのが「不動堂」

国宝不動堂
壇上伽藍 国宝 不動堂

こちらも再建なのだが、その再建時期はなんともはや14世紀初頭だそうな。
『鎌倉時代の和様建築で、平安期住宅様式を仏道建築に応用し』たものである(根本道場 大伽藍パンフより)

鉄筋コンクリートな大阪城なども、そのうち国宝になったりするのだろうか…
ちなみに大阪城は昭和6(1391)年完成の有形文化財である。重文までもう一歩か?ww


密教の大堂、高野山一山の総本堂の「金堂」は、こんどうと読む。
きんどうではないのでご留意を。。

近藤 金堂
壇上伽藍 金堂(こんどう)

大塔とともに内部の見学は200円と割安感がある。
昭和7(1932)年完成、大阪城の「いっこ下」だね(^◇^)

う~む高野山。
思いのほか見所が多いぞ。ちょいちょいっと見て熊野方面へ向かおうと思っていたが、さすがは密教の聖地なだけあってスケールがでっかい。

続いて目指したのは金剛峰寺。
つづく

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

2 高野山① 『大門』 世界遺産で重要文化財!

2014.05.01(木) 9:30

横浜の家を出て11時間!!
割とのんびり行軍だったけど…

ようやく高野山に到着~(^^)/

いきなりでっかい門・大門が出迎えてくれる。

高野山 大門

大門は高野山の西の入り口にあたり、重要文化財に指定されている。

立派な仁王像

写真で見る以上に大きかった。
いかつ~い金剛力士像が目を見張っている|д゚)

金剛力士像、ものすごく大きい!!
奈良の東大寺南大門の仁王様に次いで、日本で二番目の大きさなんだそうな。

阿形像は高さ546cm!
尚、あぎょうぞう と読む

高野山 阿形像

吽形像は高さ558cm!
尚、うんぎょうぞう と読む

高野山 吽形像

気持ちや動作が一致している様を「阿吽の呼吸」とよく言うが
阿とは呼気のことで、吐く息のこと。
吽とは吸気のことで、吸う息のこと。
元々は仏教の呪文として用いられていて、宇宙の始まりと終わりを表していたんだと。

仏教ってむつかしいね汗
でも、確かに像の顔は「あ!」と、「うん!」
ぽいねw

高野山の参道

大門の先は短い古風な参道があって、寺内町になってゆく。

高野山はちょうど石楠花(しゃくなげ)の季節で、きれいにあちこちポツポツと咲きほこっていた。

しゃくなげじゃなかったら教えてください(苦笑)
高野山のしゃくなげ

桜も少し残っていてラッキーだったヽ(^o^)丿

高野山のさくら

弘法大師空海が開いた真言密教の聖地・高野山。
その総門である大門は世界遺産に指定され、今も来訪者の目を一番最初に惹きつけている。

ちなみに大門には駐車場はないが、大門の先、大体の場所で無料の駐車場は完備されている(女人堂などはない)。親切なり。
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

『紀伊山地の霊場と参詣道』夫婦旅

GWの旅行から帰ってきて、ひさびさにブログをしっかり書こうと仕事しながらぼんやり構成を考えていると、社内の人たちとGWどこにいったかの話題になって

「熊野古道行ってきましたよ(^-^)」

と報告すると

「熊野古道?聞いたことはあるけど」
「知らない」
「どこだっけ」

などと、存外知られていないことが分かった。

そういえば、
『参詣道』
ってなんて読むんだろう!?
さんもうどう?
さんけいどう?
そんな事を考えながら行きがけの新東名を運転していたことを思い出した。

結果的に旅行中に
さんけいみち
ということがわかって、一つ知ったかぶりが増えたわけだが

知っていても知らずとも
熊野古道はずっと昔からあるのだ(変なまとめ。。。)


知っていても知らなくても楽しめる熊野古道。
今回のブログでは(すぐ忘れるだろうけど)そういうアプローチで攻めていきたいと思うw


4月30日(水)夜。

高野山へ!

まず最初に目指すは世界遺産で密教の聖地・高野山。

新東名から伊勢湾岸、東名阪を駆けて亀山から名阪国道で一気に奈良へ攻め入る。

途中、東名阪の御在所SAと名阪国道の高峰SAに立ち寄った。
高峰SAは、奈良盆地の天理・橿原を一望できる。

夜まさに明けなんとする盆地にチラチラ光る灯は、幻想的であったが写真にはちゃんと写らなかった(苦笑)

ちょっと先、無料の名阪国道が終わって有料の西名阪は天理PAでレストランが開店するまで仮眠をとった。

天理PAでがつめし

天理PA上り名物の「がつめし」
朝からガッツリポークカレーを食って元気百倍!眠気も少し飛びました。

PR写真にはカツが乗っていたけどトッピングだったのでプチがっかり
ポークカレー620円・きつねうどん430円
俺:ポークカレー620円・嫁:きつねうどん430円

西名阪をすぐ降りてまた無料の京奈和自動車道を南下。
途中で途切れて、五條から京奈和自動車道復活。これも無料。

橋本ICでおりる。
国道370号、371号どちらからでも高野山へは行けるみたいだが、371号は、いわゆる
「酷道」
らしい。

今回の旅の情報収集段階で知ったのだが、国道のくせに酷い道・・・一車線しかないヘアピンばかりの山道など・・・のことを酷道と言うらしいw

ナビも真田幸村が隠棲した九度山経由で高野山の370号をしっかりリードしていてくれたので、その通りに目指す。

370号も十分酷道で、かつ10年ペーパードライバーを貫いた嫁さんが運転していたので、なかなかアドベンチャーな高野山へのアプローチができたΣ(゚Д゚)アブナ!!

さぁさ!
いよいよ始まりました(^^)/

嫁さんが付き合ってる時からずっと行きたがっていた熊野古道への旅。
前回の熊野古道旅も楽しかったけど(クリックで前回の旅へ)
今回は4泊でじ~っくりと「くまのこ」のぐるりを巡ることができる。楽しみだ!!


『紀伊山地の霊場と参詣道』夫婦旅♪
略して「くまのこ夫婦旅」ww

今回もいろんな知ったかぶりや出逢いが待っていましたぜ☆☆☆

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

よこすかカレーフェスティバル2014

2014年5月10日(土)・11日(日)の2日間、神奈川県横須賀市は三笠公園にて

よこすかカレーフェスティバル2014

が開催され申した!

11:15 早くもすごい人の数!
よこすかカレーフェスティバル2014

横須賀で暮らして24年ほど。
一回も行ったことないカレフェスに、横須賀から離れて初めて行ってみたくなったのですww

戦艦三笠も割引200円で乗船可能!
赤絨毯が素敵な戦艦三笠

会場入りしてまず一目散に向かったのは
「よこすか海軍カレーバイキング」

横須賀で海軍カレーを作っているお店が一同に会し、500円で4種類の海軍カレーを食べ比べができる楽しい企画なのだ。

15分くらい並んでカレーバイキング会場に入場。
出店はバイキングだけで15店舗。横須賀ってそんなにカレー売ってるお店があるんだねw
500円で参加できました。

よこすか海軍カレーバイキング

・よこすか平安閣 牛フィレ肉の入った正統派の「海軍カレー」
・レストラン黒船亭 ワインでじっくり煮込んだコクが特徴です
・あすなろファーム 海上自衛隊内店舗より出 濃厚な旨みが大人気
・横須賀食肉事業(協)国産牛肉使用のお肉屋さんの海軍カレー

カレーバイキングの器

肉を中心に4つ選んで、途中どれがどれだかわからなくなりつつも美味しく頂いた(笑)
ぬーとしては横須賀食肉事業(協)国産牛肉使用のお肉屋さんの海軍カレーが一番おいしかった!(^^)!

カレーって、どれも大体同じような味だとばかり思っていたけど、こうして食べ比べてみると、それぞれに特徴があって全然違うことがよくわかった。
具材もルーによって味付けが変わるんだろう。混ざってしまった部分の味はピンと来なかったのだ。


全国から出店されたたくさんのカレーからも幾つか食べてみよう!
牛たんカレーは宮城、さくらんぼカレーは山形、宮崎都城はチキン南蛮カレー!

それぞれの特産品を活かしたカレーがズラリ!
羽後牛カレーを食べたかったがご飯炊き中だったので残念断念。。。

大鹿村ジビエカリーを頂くことに。
ちょうど良いミニサイズの300円。FBイイネでゲットしたクーポンで200円で購入。

大鹿村ジビエカリー

ジビエっちゅーのは「狩猟で得られた野生鳥獣の食肉を意味し、ヨーロッパでは古くから発展してきた 食文化です。」
とのこと。日本ジビエ振興協議会より、今はやりのコピペ☆

鹿肉のカレーですな。
ブルーベリーも付属、甘酸っぱかったw

鹿肉カレー

こちらはお嫁さん購入の黒部ダムカレー。わかりにくいけどダムっぽくなっている。

黒部ダムカレー

こちらもお嫁さん購入の富良野オムカレー。贅沢な味わい。

富良野オムカレー

さくらんぼカレーはピンクがかったルーだそうな。
食べきれないのでレトルトを購入w楽しみでするww

さくらんぼカレー

箸休め・・・もう結構おなか苦しいけど・・・
バター餅。秋田の新名物らしいけど、確か山形のブースで買ったような??

手づくりバター餅

まぁお隣ですしね。
思ったより柔らかくて、すあまより柔らかい感じのすあまみたいなお餅。美味!


オグリンは小栗上野介をモチーフにした横須賀を代表する?ゆるキャラ。
漫画家で小栗上野介の直系の子孫だという小栗かずまた(てんてんくん知ってる?)さんがデザインしたのだそうな。

ペリーのぺリリン君もいたよ(^.^)
オグリン

とどめに揚げたてアツアツの
大正ロマン銀山温泉 はいからさんのカリーパン

大正ロマン銀山温泉 はいからさんのカリーパン

25℃は超えてそうな初夏の猛暑の中、活気あふれるカレフェスは今年も大盛況!
カレーだけで突っ走る(かき氷とかもあったよ)横須賀のカレフェスは結構楽しいイベントだった。


ちなみに、横須賀海軍カレーでイチオシおススメなのは、横須賀海軍カレー本舗の

横須賀海軍チキンカツビッグカレー砲 featuring戦艦三笠

横須賀にお立ち寄りの際は是が非でもwwww

関連記事

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。