スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17 備中手打うどん おおにしのカレーうどん!

倉敷美観地区を一通り散策して、ちょっと早めのお昼ご飯♬
高砂橋付近のお店をあれこれ探して

『備中手打うどん おおにし』

お、ここにしてみよう☆彡
ご当地うどんの備中手打うどんに惹かれて入ってみた。

倉敷駅から来た場合、倉敷川沿いの奥の方にある。

創業40年ぐらいらしい
備中手打うどん おおにし

さてさて何にしようかな!
シンプルがいいか、珍しいものがいいのか・・・

あれこれ見つつも、心の底では一目惚れしていた(*´`)
1日限定20食のカレーうどんを注文(*´д`*)

限定20食のカレーうどん。確か700円。
美観地区、おおにしのカレーうどんは濃厚!

こ、これはΣ(゚д゚lll)!!

てな感じの雰囲気がそのまま現実になった様な、コク旨なカレーうどんだった(゚д゚)ウマー

素晴らしいなぁ!
店も味も昔ながらの雰囲気で、カレーうどんもそんなに目新しいものではないんだけど、それでも古めかしくなくって、新鮮な驚きのあるカレーうどんだった(*≧∀≦*)

表現がうまくなくてスミマセンねぇ(´Д`;)ヾ
つまりは美味しかったんです!!
うどんでこんなに美味しいと思えるとは思いませなんだ。

おおにしのジェラート

食後のアイス(ジェラート)も食べ、大満足のご馳走様でした!
真夏にアッツいカレーうどんを食べて、元気回復!

父子(63&28)は、同じく岡山県は備前国に移って名勝・下津井鷲羽山を目指す!



   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

スポンサーサイト
関連記事

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

16 白壁の町 倉敷美観地区!

2012.08.12(日)10:30 薄曇のち晴

備後鞆の浦から岡山県は備中の倉敷美観地区まで渋滞込みで1時間半。
日曜ということもあり、駐車場も混雑。
ちょっと遠めの駐車場に停め、徒歩5分ほどで美観地区にたどり着いた。

倉敷美観地区1

倉敷美観地区は、倉敷川畔伝統的建造物群保存地区として、国の重伝建に指定されている。

重伝建 = 重要伝統的建造物群保存地区
倉敷美観地区 倉敷川

お土産とか、スイーツに触手を伸ばしつつ、美観と言うにはあまりにも優美な景観の中を漂ってみる。

倉敷美観地区2

白壁となまこ壁が美しい!
こういう風景を自然に「美しい」と感じるのは、やはり自分のDNAやら遺伝子の中に、こうした風景の中で生きた記憶があるからなのだろうか・・・

倉敷美観地区3

本町の通りに出る。
お土産で目を引くのは、倉敷の特産である帆布(国産の7割が倉敷産)のトートバックやブックカバーなどのグッズ、それに、モダンな感じの喫茶店や和基調のスイーツのお店だ。

倉敷美観地区 本町付近

路地が多いのも、古い町並みの特徴(^ω^)

倉敷美観地区4

倉敷館と倉敷川。
江戸初期に天領に定められ、以後備中国南部の物資集積地として栄え、やがて備中最大の都市であった松山を上回る都市として発展した。

天領 = 江戸幕府の直轄領 備中国 = 岡山県西部の旧名
倉敷美観地区5

中橋と考古館。
蔵や旧住宅は、今でも再利用の方法はいくらでもある。

中橋と考古館

そぞろ歩きの40分~50分で一通り廻れた。
じっくり資料館の内部なども見ていけば、1時間半はかかるだろう。

倉敷美観地区7

帰り際に薄曇が解消され、ようやく晴れ間が♫
親父曰く
「老体にはこたえるから曇ってるぐらいでちょうどいいよ」
俺としては、晴れの方が気分的にも写真の撮れ具合的にも良いんだけど、親父(63)の命には変えられないなwww

倉敷美観地区8

まだ11時そこそこだったけど、次から都市部を離れることになるので、ちょっと早めのお昼ご飯を倉敷で食べていくことにした(≧∇≦*)ゴトウチゴトウチ!!



   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

15 鞆の浦 ~山陰山陽父子旅~

3日目2012.08.12(日)8:10 晴

広島県は備後の鞆の浦は、福山から車で30分そこそこだった。
鞆の浦歴史民俗資料館のすぐ下の駐車場に車を停め、まずは鞆城跡でもある資料館への階段を上がった。

階段上はすぐに本丸で、発掘調査で出土した石垣が復元整備されていて、この石垣からは刻印も確認されているとのこと。

鞆城

本丸跡である歴史民俗資料館付近からは、鞆の浦の素晴らしい景観が一望できる。
軒を連ねる家々、港に入ってくる漁船、カモメの鳴き声、朝方とはいえ残暑を伝える瀬戸内の風。これらが鞆の浦の雰囲気そのものであった。

鞆城跡から鞆の浦遠望

鞆の町並みを散策してみる。
江戸明治大正昭和が入り乱れている。

鞆の浦町並

戦国時代末期、毛利氏に滅ぼされた尼子氏の忠臣 山中鹿之助は、高梁川阿井の渡し(岡山県)で討たれ、この地で毛利輝元や足利義昭に首実検をされた。

山中鹿之助首塚

応神天皇の時代、百済よりの使節の接待役 竹内臣和多利と官妓 江の浦は、仕事をほっぽり出して夜毎橋の上で語り合っていたという。
それを咎められ、二人は海に沈められた。

以降、その橋を「密語(ささやき)橋」と呼ぶようになったという。
鍵型の道にはその名残があった(写真、真ん中のあたり)

ささやき橋の名残

鞆城の三の丸の石垣。
鞆城は毛利元就の命で備後地方の豪族によって築かれ、鞆要害と言われていたようである。

後に福島正則によって城として拡張された。
当時はこの三の丸が海岸線で、ここから軍船を繰り出すことのできる、瀬戸内らしい海城であった。

鞆城三の丸石垣

なお、天正4(1576)年には織田信長によって京都を追われた室町幕府15代将軍 足利義昭が滞在し、毛利氏の庇護を受けた。
これを、「鞆幕府」とも言うが、幕府と言えるような体をなしていたかは疑問があり、事実上の政権はすでに織田信長に渡っていた。


岡本家長屋門は、かつて福山城内にあった長屋門である。
確かに、よくよく見ると城門であった。
福山城の遺構は明治の廃城令や昭和の戦災、現代の開発により多くを失ってしまっていたが、廃城令で民間に払い下げられた遺構は近隣に散らばって残っているようだ。

岡本家長屋門

鞆の港の界隈は、鞆の浦観光のハイライトになるだろう。
鞆は、潮待ちの港として大いに栄えた土地である。
常夜燈は、金毘羅大権現と刻まれており、対岸の香川県は金刀比羅宮の信仰が厚かった事を物語っている。

鞆の港1

太田家住宅は重要文化財である。
文久3(1863)年8月18日、尊王攘夷を主張する三条実美ら7人の公家は、公武合体派に追われ、この地に落ち延びてきた。

向かいの朝宗亭は、鞆七卿落ち遺跡としてこれも重要文化財に指定されている。
三条実美がここで飲んだ保命酒を讃え

世にならす
鞆の港の竹の葉を
斯くて嘗むるも
珍しの世や

と詠んでいる。
酒を、竹の葉と表現しているのが乙である。

鞆の浦町並

路地は狭く、昔のままの風情をたたえている。
折角だから電柱とかも埋めてしまえばもっといいのに。

鞆の浦町並2

港には、漁船を係留しておく花崗岩の雁木も残っていた。
それにしても、もっと観光スポットとして騒がれてもいいぐらい、ここ鞆の浦の風情は抜きん出ている。

鞆の港

猫たちすらも、この鞆の浦では何がしかの意味を持っているような気がしてくる。

鞆の猫

鞆にはもう一つ、大可島城という鞆城の前身とも言える城があった。
南北朝騒乱では、康永元(1342)年に燧灘で没発した合戦の戦場ともなり、鞆合戦では籠城していた南朝の将兵が北朝の攻撃にあって全滅している。

大可島城跡1

戦国時代には、かの有名な海賊 村上水軍が大内氏によってこの地を与えられていた。
元々は城の名にもあるとおり、離れ小島であったが、恐らく福島正則の時代に埋め立てられ地続きになったという。

現在城跡にある真言宗の南林山釈迦院円福寺は、鞆城が築かれた頃に創建された。

大可島城跡2

眺望は一枚の絵。

大可島城跡からの眺望1

実は福禅寺という、ここからすぐのお寺の対潮楼という所からの弁天島と仙酔島の風景が、朝鮮通信使にも絶賛された国指定名勝の景観なのだが、よく知らずにスルーしてしまった(゚Д゚)ノイマッタガー

大可島城跡からの眺望2

時代に取り残された、そんな雰囲気を持っている。

大可島城跡3

いろは丸事件談判跡。
坂本龍馬率いる海援隊の「いろは丸」は、鞆沖で紀州の軍艦 明光丸が衝突し、いろは丸は沈没。
龍馬は紀州藩の過失を追求。日本初の海難審判事故となった。

結局紀州は海援隊に7万両の賠償金を払うことになったが、これは今の金額で言うと25億円程だという。
ちなみに、賠償金は慶応3(1867)11月7日にに払われたが、その8日後に坂本龍馬は京・近江屋で暗殺された。

いろは丸事件談判跡

鞆の津の商家。
漁網や船具を北海道から東南アジアまで広範囲に販売する会社であった。

鞆の津の商家

鞆の浦は、思っていた以上に見ごたえのある町並みだった。
歴史も、万葉の時代から中世、近世などなど広範囲で舞台になっているし、町の雰囲気がその歴史の味わい深さをそのまま体現しているようであった。

あまり大きく取り上げられない地で、「ひと足のばして」と書かれるような小さな扱いを受けがちだが、行ってみて損はない、むしろ堪能できる穴場とも言えるスポットだった!!



   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

北海道スノーフェスタ2013 目次

2013(平成25)年2月2日(土)~2月4日(月)
北海道スノーフェスタ2013

目次


1日目 2月2日(土)

1 ドラえもん わくわくスカイパーク(*≧∀≦*)

2 とろ~りチーズ豚丼! ~豚丼名人~

3 冬景色♪ 北海道開拓の村

4 さっぽろテレビ塔の夏と冬と夕方

5 みそラーメンのよし乃

6 日本三大がっかり名所 札幌市時計台

7 北海道らーめん 奥原流 久楽


2日目 2月3日(日)

8 札幌市中央卸売市場 場外市場を散策♪

9 定山渓温泉 吹雪の温泉街をゆく

10 北海道三大夜景 もいわ山の残念賞orz

11 名人房 ~蘇るヨッパライの記憶w~

12 札幌のお得なチケット(´∀`*)


3日目 2月4日(月)

13 大通りビッセでレッツ・スイーツ!!

14 JRタワー展望室 T38

15 スープカリー GARAKU

16 夕日が昇る空の上



   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

16 夕日が昇る空の上

新千歳空港からANAのボーイング777が飛び立つ。
首尾よく窓側をせしめたので曇り空を割って上空に出る所を眺めていた。

北海道スノーフェスタ2013

面白いことに、飛行機の高度が上がるにつれて沈んでいた夕日が昇ってきた。

ANAスノフェス帰り

しばし見入る。

ボーイング777から

そして沈んでいった。

さらばの上空夕日が昇る

完全に暮れて、全部が闇になった頃、羽田空港に到着し、今回の旅が終わった。



   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。