年末山梨旅2

山梨2日目。
ホテル八田の名物 ワイン風呂で朝風呂!



部屋の風呂も全室温泉なので、そっちも楽しんだ^ - ^

近くのワイナリーを散策して、中央本線大月から富士急で河口湖へ。



二時間半(笑)
なかなか遠かった(⌒-⌒; )

河口湖周遊のレトロバスに乗り、逆さ富士を目指し、年末休業の河口湖自然生活館で下車。
風が少しあって波があったため、逆さ富士は見えず(涙)





ただ天気は最高に良く、雄大な世界遺産・富士山を存分に拝み倒すことができた。

遊覧船は寒かったけど、景色は抜群(^∇^)
陸に戻って、神速でカフェに駆け込み、コーヒータイム!



美味しいチーズケーキと、なんと一杯サービスのコーヒーを飲んでまっーたり☆
あー、あったまった(温)

そして、ここ大事。
→少しは河口湖のオシャレを楽しめた(笑)

河口湖ハーブ館の良い香りを堪能し、河口湖駅にてお土産を購入。
一泊二日の夫婦旅は、あっという間にジ・エンドとなりました。

次回は冬以外でできれば車。
今の時期は出来ること少なく、観光客が割といるのにおやすみのお店も多い。バスも減便。
楽しめたから良かったけど、ちょっと残念もありな旅だったな(>人<;)汗

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

年末山梨旅

2013.12.28

新婚夫婦、山梨にやってまいりました!
中央本線をどんぶらローカルでやってくると、甲府盆地に至り、世界遺産に登録された富士のお山が顔を出した^ ^



甲府駅で電車を降りると、ちょうどお昼時。
最近新しくできた甲府の新名所

甲州夢小路



ビストロ メリメロ (meli melo)

でお昼ご飯( ̄▽ ̄)



なかなか雰囲気の良い店内で甲州地鶏のランチを食べました♪



盛り付けもオシャレ!
1500円

続いて、バスに乗り、昇仙峡へ(^^)



冬の昇仙峡は、前に来た秋と違い閑散とし、寒くバスも滝上まで行ってくれない(苦笑)



途中から暗くなり、ビビりながらもようやく昇仙峡口のバス停に到着(涙

やっとの思いで甲府駅に帰ってきて一安心。
信玄公の銅像の前で記念撮影をし、石和温泉へ(^ν^)



ホテル八田の料理と温泉に癒され、一息ついて缶ワインを下戸の夫婦が必死に飲んでます(笑)

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

身延山久遠寺 お花見♪

 2012年4月15日(日)、開通ほやほやの新東名に乗って、身延山久遠寺にお花見に行ってきました( ̄▽ ̄)ノ

身延山久遠寺 8:50
身延山久遠寺に来た!

 グズる助手席さんを説得し、早朝に出発した甲斐あって、ギリギリ許せる範囲の混雑でロープウェーのある、せいしん駐車場に停められた。予定では終わっていたはずの、この時期の交通規制もやったらしく、これもギリギリ規制される前に門前町に入ることが出来ていたみたい(^-^)v

桶沢川沿いの桜
桶沢川沿いの桜

 駐車場からは斜行エレベーターで本堂のある所まで行けるけど、それじゃちょっとムード無いから、三門の所まで桶沢川(境内下の道)沿いに歩いて一旦戻った。

日蓮の墓へ

 途中に、日蓮のお墓があると言うので、行ってみた。

日蓮聖人御廟所
日蓮聖人御廟所

 日蓮といえば、地元横須賀の猿島の島名の由来の逸話を思い出す。

御草庵跡
御草庵跡

 草庵跡は、苔むした緑の雰囲気がなかなか良かった。
 説明看板によると、日蓮はこの草庵に9年間住み、
「墓をばこの地に立てたせ給へ。未来際までも心はこの地に住むべく候」
と遺言したとあり、草庵跡が身延山久遠寺の発祥の地であると謳っていた。

青空に映える桃色の桜

 身延山久遠寺は、日蓮宗の総本山なのだ!!

三門
久遠寺三門

 その前に、門前町でプチ食べ歩きぃσ(´~`*)モグモグ♪

みのぶまんぢゆう

 元祖みのぶまんぢゆうと言うことだが、元祖とか正統とか、こういうのってどこの観光地でもあるけど、先を競うように正当性の主張合戦で、どれを選ぶか迷うし、それ以前に、「いかにも」臭すぎて興ざめしてしまう(-_-|||)
 まんぢゆうぐらいで喧嘩せんと、仲良くしてけれ~(苦笑)

三門外の枝垂桜

 まんぢゆうは美味しかった(o^。^o)v
 
三門の身延山山号

 三門から本堂を目指す!

久遠寺参道

 三門をくぐった瞬間、風景は古刹だった。

 そして、その先は荒行だった・・・

超急な石段

 菩提梯という、久遠寺のハイライトになりそうな石階段を数年分一気に老けながらやっと登りきり、ようやく身延山久遠寺の境内に到着。。。

久遠寺本堂

 境内は、本堂、祖師堂、五重塔、拝殿などなど、堂塔伽藍が軒を連ねている。
 肝心の枝垂桜は・・・

大鐘楼と五重塔

 素晴らしい~~~!!

良すぎると写真を撮るのを忘れるのか、枝垂桜の写真が少ない(泣)
祖師堂と枝垂桜

 今年は寒い日が続き、それでも4月半ばの時期的に、ほとんど散っちゃってダメかとも思ったけど、ちゃんと一番大事な所にはぎりぎり残っていた♪

 しばし枝垂桜を眺めつつ、感動を噛み締めた後、本堂にお参りした。
 本堂の畳の上で小休止。

身延山ロープウェイ

 枝垂桜を満喫し、身延山ロープウェイに乗って奥之院 思親閣へ。

身延山ロープウェイから見下ろす枝垂桜
身延山ロープウェイから見下ろす枝垂桜

 1153mの身延山山頂からは、富士山を目の当たりにできた!

身延山山頂から富士山

 雲よりずっと高い富士山。早朝はダイヤモンド富士も見れるらしい!

身延山山頂から富士山2

 奥之院 思親閣にお参り。

奥之院 思親閣

 縁起として身延の峰に登った日蓮が、
「あれなるはワカメ!」
と思い駆け寄ると、それは蕨だった。やがて谷に下ると、
「あれこそは海苔ではないか!」
と探しあてて見ると、それは芹だった。
そんな勘違いをしてしまうほど、日蓮は故郷房州(安房。今の千葉県)小港への追慕が深かったのだという。

北側展望台へ

 杉林を抜け、北側展望台からフォッサマグナ(大凹地帯)と言われる南アルプスの峰々を眺める。
 日本の地質を分断する、いわゆる中央構造体だ。

南アルプスの峰々

 日蓮は蕨をワカメに、芹を海苔に見間違えたが、あながち幻想ではないのかもしれない。我々人類が地上に出現する遥かなる昔、この地は海だったのだ。貝や海草の化石もここでは出ている。
 日蓮が見たものは、大地の記憶の断片だったのかもしれない。。。

 無理があるね(苦笑)

西谷の枝垂桜 11:10
ロープウェイ下り

 
 2人は枝垂桜に満足し、次のプランを考えつつ久遠寺を後にした。


テーマ : 桜や紅葉の名所・観光地情報
ジャンル : 旅行

昇仙峡 ~2010秋~

2010年11月3日(水)の日記(今更w)

思いつきで特別名勝・御嶽昇仙峡へ「紅葉狩り」に行ってきた~☆

5:00浦賀駅発。ねむっっ汗
始発!

 まだ夜明け前・・・
昨夜調べたところ、この時間に出発すると、スーパーあずさに乗らなくても10分くらいしか変わらない時間で到着することが発覚。

 中央本線でコトコト鈍行。
昇仙峡は、甲斐の国甲府・・・今の山梨県甲府市にあるのです!

 6:40 八王子・・・寒っ!!

 8:38 甲府駅到着!!浦賀から実に3時間半(尻痛)

駅近くのコンビニで朝ごはんの納豆巻きを食べて・・・
甲府駅

 武田信玄公がお出迎え~♪♭♯
木漏れ日が揺れてます。

「むっ。長旅ご苦労であった」とばかりに
武田信玄公像

 甲府駅からさらにバスに乗車。昇仙峡滝上行きに乗る。
昇仙峡は全長5kmの渓谷で、バス停は下流から上流にかけて3ヶ所くらいあった。

 事前に調べたところ、まずバスで一番上まで行って、
そこから渓谷を下っていったほうが楽だとの情報を得たので、
悩むことなくその通りにした(笑)

 旅は「ゆとりあるボチボチ」 ザッツオール!

 甲府駅からでんこでんこと1時間ぐらいバスに揺られ、滝上に到着。

ちなみにバス代は¥870だった。
昇仙峡・滝上

 まずはロープウェイに乗る。
頂上まで約5分(¥1000)。あっという間にパノラマ台駅に到着!

パノラマ台

 八雲神社は、見事な紅葉。あざやか(o^。^o)

八雲神社の紅葉

 パノラマ台、というだけあって、景色は最高(o^-^)o

富士山スポットは何箇所かある!
富士山遥拝所

 富士山、奥秩父連峰、新府の町、アルプスと絶景の連続

奥秩父方面
奥秩父連峰

 ロープウェイで再び麓に降りると、いよいよ昇仙峡巡り
さぁ、5km歩くぞ~

運気を倍増させる、相性抜群の「水晶」と「龍」のモニュメント
水晶と龍


 まずは日本の滝百選に選ばれている
仙娥滝(せんがたき)

仙娥滝(せんがたき)

 なんと虹が掛かっていました♪

仙娥滝の虹
 
 せり出した岩の下をくぐる。

せり出した岩をくぐる

 何故か一円玉が隙間にビッチリ詰まっている。
なぜ???

なぜか一円玉

 みんな岩の右上に視線が・・・
なに?何?つられて見てみたくなる。

石門

 この岩は、石門と呼ばれる。
この石門、右上の重なり合った岩と岩、
なんと

浮いてる!

 う、浮いてる( ̄□ ̄|||)
落ちるぞ。いつか・・・


覚円峰

 昇仙峡のシンボル・覚円峰
むかし、エラいお坊さんがこの岩の上で坐禅をくんだそうな。
あの手この手でナイスショットを狙ったが、結局オーソドックスなアングルが一番マシだった(苦笑)

ゴジラ昇仙峡に現る!

 途中とちゅう休憩所があり、水晶の産地ということで、宝石売り場や、なんでかゴジラ(多分このフォルムは平成版だなw)が現れたり、案外場違いでも楽しめたりする。

ゴロゴロ

 昇仙峡のゴロゴロ岩は、兎に角大きい !
写真はそんなでもないけど、なかにはどうやってこんなデカイ岩が!?と思わせるくらいドデカイ岩がゴロゴロ転がっている。

ゴロゴロ2

 中間点くらいで疲れてきたので、ちょいと休憩。
今日は景色のほかに、グルメも満喫しようと画策していた(@^▽^@)
山梨といったら「ほうとう」
そして、せんだてB級グルメの王者に輝いた「甲府鳥モツ煮」
絶対食べるぜ!

ほうとう

 まずは、荒川が見え隠れするテラスでほうとうを頂いた(¥1200)
期待を裏切らない美味しさで、満腹に・・・
鳥モツ煮・・・きついかも・・・

愛のかけ橋

 愛の架橋。
愛する二人で渡れば、二人は結ばれるんだって。
へぇ~

 ピンでの来訪でしたので、今回は半分渡って引き返しました。
ふんだっ(´・ω・`)

トテ馬車

 トテ馬車。
こいつに乗って、40分ぐらいかけて、下流から上がっていけるんだって!

大仏岩

 大仏岩!

 昇仙峡は、このように岩や石に色々名前がついていて、オットセイとか、亀とか猫とかフグとか色々あるので、行った際はどれがどれだか、仲間や恋人とやいのやいのやりながら巡るのも楽しいね。きっと(遠い目)

ゴロゴロ3

 13:50 なんだかんだで4時間近くの滞在になった。
けっこう人が多かった。この時期は紅葉だからね~・・・


って、


まだ一部しか色付いてなかったぞ~(TOT)

 ヤフーの紅葉情報には「見ごろ」て書いてあったけど、
こりゃ一杯食わされたぜよ (`-´)゛
あと一週間くらいしないと見ごろにはならなそうだ。

やっとみつけた一枚を
昇仙峡の銀杏


 でも、素晴らしい景観であることは間違いなかったので、
やっぱり行ってよかった


 帰りのバス、昇仙峡は車でごった返しており、バスの運ちゃんは大激怒!自らバス降りて車輌整理したり、上手く誘導できない土産屋の係員に
「ぼんくらめ」
と罵声を浴びせたりで、強烈だった。。。

 怖い運ちゃんだったぁ(× ×)

 「て言われちゃうから、こっからはサービスしちゃおっかな」
と、運ちゃん途中で気持ちを入れ替えて、
「ほら、あそこ、富士山見えるよ!お客さん!!今度は正面だよ」
急に優しく喋り始めて、満員のバスは俄になごんだ。

「あ、うっかり停留所すぎちゃったよ。ちょっとバックするわ」


お調子モンめ~d(>_< )☆



 甲府でまだ多少時間があったので、甲府城に。

復元された稲荷櫓
舞鶴城公園
 
 良く晴れていた。
甲府城は、復元整備の途中で、これからもどんどん平成の築城を推し進める模様。

復元された山手御門
山手御門

 天守台からは富士山がよく見えた。

天守台からの富士山



 実に楽しい昇仙峡めぐりだったけど、
実感としては、京都行くより遠かった(苦笑)

 行きは横浜線。帰りは中央線新宿-品川経由で京急に乗り浦賀に帰着。
移動に9時間以上かかってます。

 もちろん、ケータイ国盗り合戦のイベント、「古戦場めぐり」も、天目山・江古田と攻略♪

しかし遠いね。甲州は。


追伸:
今気付いたが・・・今回の主目的
・昇仙峡  ◎
・紅葉   △
・鳥モツ煮 ×
・ほうとう ◎

ふたつしかクリアしてねぇ・・・
課題が残ったわ(苦笑)


地図:昇仙峡

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示