スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10 白神山地 十二湖

世界最大のブナ原生林が広がる白神山地は、平成5(1993)年に日本で初めて姫路城や屋久島と共に世界遺産に登録された。

一般の人間が見れる区域はほぼ世界遺産の核心地域どころか緩衝地域にも選ばれていない。
ブナ原生林はこれまでもほとんど整備されておらず、これからも恒久的に整備されないはずである。そこに価値があるからだ。

十二湖ビジターセンター

そんなこんなで、行った当時は世界自然遺産・白神山地に分け入ったと思い込んでいた浦賀人が赴いたのが、車で乗りこめる白神山地の日本海側の山麓、十二湖である。

養殖イトウ 十二湖

十二湖ビジターセンターで少々お勉強し、イトウの養殖を観て、白神山地へ分け入った。
もちろんよく整備された遊歩道を歩いて。

平成の名水百選 沸壷池の清水

世界遺産かどうかよりなにより、十二湖の景観はやはり一見の価値があった。
段々雨が強くなったことが浦賀人たちを腐らせもしたが、なんの濡れながら散策を続けた。

沸壷の池

物産館にはささやかな手作りのアクセサリーや軽食が。
一旦建物に入るともう出たくなくなる。そんな天気の悪さであった。

森の物産館 キョロロ

十二湖というと、湖が12個あるのかと思う。確かに大きめの池でいうと12であるが、実際には30以上もある。
十三湖がもう少し北側にあるから地名として何か関連があるのかもしれない。全く無関係ということは無かろう。

世界自然遺産 白神山地 十二湖

十二湖の一番の見どころは、やはり青池だろう。
どういうわけか、この池は高い場所から見下ろすと青く見えるのだ。

白神山地 十二湖 青池

気象条件とコンデジ(F50fd)の限界に阻まれながらも青い青池にひとしきり感動することができた。
晴れ渡った日はもっと美しいことだろう。

なぜ青く見えるのかは、未だ解明されていない謎らしい。

白神山地の緑

世界遺産外の十二湖でも、十二分に白神山地の奥深さを窺うことができた。
まぁその当時は世界遺産にいると思っているのであるからして、上人の感涙はやがていたずらになりにけるのだが。

十二湖の池

それなりにずぶ濡れになりながら、グリル王池というお店でご飯を食べた。
確か、鮎の塩焼き定食だったと思う。

鮎?の塩焼き定食 グリル王池

世界遺産じゃなくても、鮎がニジマスだったとしても、冷えた体を温めてくれたあの定食のうまさは変わらず、もちろん十二湖の美しい自然の価値も、これっぽっちも下がることは無く、むしろ世界遺産じゃなくったって素晴らしい名所はいくらでもあるんだという傍証になったのではないか。

いずれ再訪が必要である。日本キャニオンすら見れていないのだ。

スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

17 深浦から黄金崎不老ふ死温泉

鰺ヶ沢から日本海側の国道101号線、昔でいう大間越街道を走る。
やがて深浦町に入る。

かそせ いか焼き村 道の駅ふかうら

道の駅ふかうらは、店舗の裏が海になっており、磯遊びが楽しそうだった。

かそせ いか焼き村 道の駅ふかうらの海

とれたての魚たち。
ここはいか焼きが美味しいという。
残念ながらN夫婦は弘前で、アップルパイりんごラーメンをしたたかに食べ尽したため、村の様子を垣間見るだけだった。

深浦 いか焼き村の幸

深浦町は青森の最西端である。
西端の海を照らす、艫作埼灯台。
艫作。へなし、と読む。

そのすぐそばに、温泉がある。

艫作埼灯台

黄金崎不老ふ死温泉

黄金崎不老ふ死温泉

効能は傷、冷え、美肌などだが、最大の効能は感動だろう。
黄金崎不老ふ死温泉の露天風呂は日本海に面しており、目の前に広がる日本海を眺めながら熱めの湯に浸かる。

周りには野郎しかいなかったが、一応混浴である。
お隣に女性用の浴槽が設けられたため、実質混浴の浴槽は男性用だ。

西に傾いた黄金の日に顔を焼かれ、それでも日本海を眺め続けずにはいられない、そんな、大事な時間を過ごしているんだ感が凄かった。

西浜街道碑

西浜街道碑が建つ国道101号の休憩所からは、未だ雪の残る世界遺産 白神山地が遠望できる。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

9・16 大間越街道 千畳敷

2012.05.03(木)10:15
2015.05.02(土)13:45

青森の千畳敷に来た。
千畳敷は青森県の西側、日本海側に存在する。

青森の千畳敷

寛政4(1792)年の大地震により海床が隆起し、この辺りの奇勝が造られた。
自然の芸術と言える。

国道101号 千畳敷

千畳敷といえば、なんとなく「千畳もある広大な」といった名前の由来を想像するが、ここの千畳敷の由来は弘前藩主が領内巡視で訪れたとき、実際に千畳の畳を敷き、二百間の幕を張り風景を楽しんだことが由来になっている。

青森 千畳敷とレストハウス

以下、写真は2012.05.03(木)10:15頃
大間越街道 千畳敷の奇勝

あ、これかぁ、来た来たw
思い出したよ。

うっかり忘れていたが、今回(2015)が初めてではなかった。
前回(2012)、浦賀人で来た時、観光電車のリゾートしらかみがちょうど通ったんだよなぁ。

リゾートしらかみ 千畳敷

なんにも変っているようには見えないけど(忘れてたけど・・・w)、すこしづつ海に風に浸食されて、この景色も変わっているんだろうなぁ。

大間越街道 千畳敷の奇岩

形あるものは、いつか壊れてしまう。
嫁が、よく偉そうに言う。

青森 千畳敷海岸

普遍的な原理などこの世の中にはないような、そんな気がしてしまう。
でも、こういう景色を見て、素晴らしいな、とか、凄いな、でもいいけど、そういう景観に感動する心。

そういうのって、もしかしたら普遍だし、不変かもなぁ。
そんなことを思ったり思わなかったりした、二度の千畳敷。

町指定の名勝である。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

6 階段国道。

階段国道

どうも意図的な臭いのある階段だ。
臭いはともかく、われわれ一行もまんまと訪れた。

竜飛 階段国道

乗っかったもの勝ち。
そうした、したたかな印象がこの339の空間にはある。

竜飛 階段村道(今は町道)

↑階段村道もある。
市町村合併で今は町道のようだが、問題ではない。

国道339号 階段国道

休憩のベンチもある。急な階段。
まっすぐではない。蛇行している。

階段国道の様子

漁港が見えてくる。
竜飛の民は階段を昇り降りする外様を見てしてやったりだろう。

階段国道 下から

下まで降れば駐車場は遥か362段上。
登るだけ。

憎めない。好きだ。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

5 竜飛崎 ~津軽海峡春の風~

弘前さくらまつり2010を満喫した一行は、一路竜飛崎に向かっている。

途中立ち寄った十三湖は、かつては十三湊(とさみなと)と言われる天然の良港であった。
廻船式目という日本最古の海法では三津七湊(さんしんしちそう)の一つとして数えられ、その規模は博多湊と並ぶ程の港湾都市であった。

十三湖

今はその面影はなく、遺跡が辛うじて往時をしのばせるのみであった。
国道339号を北上。竜飛へ。

竜飛へ

津軽半島のどん詰まり、竜飛崎につくとお昼すぎになっていたので、龍飛崎レストハウスでお昼にした。

海峡ラーメンは、細いちぢれ麺にホタテ、カニ、つぶ貝が入っていて、海の匂いがしてなかなかの一品だった。

竜飛崎 海峡ラーメン

竜飛崎らしく、龍の装飾が施された遊歩道の橋がお洒落☆

竜飛崎 遊歩道

風が凄まじく強く、寒いが、真冬着だった大間崎よりは大分良かった。

竜飛崎 小泊方面

津軽海峡・冬景色でも有名な竜飛崎。
その竜飛崎から津軽海峡を照らす灯台は龍飛埼灯台。
日本の灯台50選にも選ばれている。

龍飛埼灯台

灯台の不思議。
○○「埼」と表記することが多い。竜飛埼灯台もそうだ。
尻屋埼灯台もそうだった。

なんか理由があるのかしら?


灯台は2006年から無人化され、一般公開も今はされていない。
灯台からもう少し先端を目指す。

竜飛岬

北海道の最南端・白神岬は、ここからわずか19.2kmだ。
青函トンネルもこの海峡を通っている。
竜飛は、アイヌ語のタムパ(刀)が訛ったのが語源であるとも言われている。

本州の果てなのに、なぜかそんな気がしてこないのは、やはり海向こうに北海道なる広大な島があるからだろう。
それに、北前船が十三湊を経由し、江差へ向かうことを思うと、ここは果てどころか、中近世の日本の物流のメインルートだったのだ。

テーマ : さきっちょ(岬・灯台)巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。