21 姫路城③ ろの門~水の六門


備前門から引き返し、三国堀の背後をまわって重要文化財の、ろの門に戻ってきた。

ろの門 姫路城

左の塀が重文・はの門南方土塀で、南方土塀からにょきっと右方向に生えているのが、重文・ろの門東方土塀だ。桜が満開ではないとはいえかなり咲いている。

重文・はの門南方土塀と重文・るの門東方土塀

備前門の方向に行っている間に、人がわんさか増えていた。
もともとリニューアルオープン直後だったから開城前から相当並んだが、それ以上に増えている印象だった。

重文・はの門南方土塀

時代劇でもよく使われた、はの門へつづく坂。
2008年の5月に初めて来たとき(下の写真)は、平日でもあり人の途切れる時間があった。

はの門への階段

こちらは2012年。平成の大改修・天空の白鷺の時の写真だ。

暴れん坊将軍の坂

天守がすっぽりと素屋根で覆われていた。

天空の白鷺 はの門付近

朝から抜け出した、起き抜けの太陽がまぶしい。
ドラマティックなはずのはの門下の石段も、人で埋め尽くされている。

重文・はの門西方土塀と重文・はの門

はの門南方土塀の狭間から二の丸を眺めてみる。

重文・はの門南方土塀狭間から二の丸

重要文化財・はの門をくぐる。

重文・はの門

門の下を見ると、どこかのお寺の燈籠石が門の基礎に使われている。
石垣や基礎石には、墓石、石仏、古墳の石棺、はては、おばあちゃんがもってきた石臼までが投入されている。

はの門・石灯籠の基礎

はの門の先、重文・にの門(左上)は唐破風が見られる。その先は、にの門東方下土塀の石垣が続く。
ここから渋滞が本格化した。ストップだ。

重文・にの門と重文・にの門東方下土塀

にの門下の石垣の左手は、小さな曲輪(乾曲輪)になっている。
正面のちいさな櫓は、重文・ロの櫓。折れ曲がりの一重櫓はシンプルすぎて逆に珍しい。
土塀も重文、ロの櫓の右が、ロの櫓東方土塀、左が、ロの櫓西方土塀。

重文・ロの櫓とロの櫓東・西方土塀

右手は乾曲輪、弧を描く、はの門東方土塀。
前段でも触れたが、この弧に沿って敵が走ってゆくと、突然土塀が途切れ、勢い余った敵は、そのままバラバラと落っこちてしまうという寸法なのだ。

乾曲輪・はの門東方土塀(右隅・土塀の石落とし)

にの門へ向かう。突き当たりに重文・ニの櫓南方土塀。西小天守が見え隠れしている。
ここで真逆に折れ曲がる。


重文・ニの櫓南方土塀

天守が近いのに遠ざかるもどかしさ。迷路みたい。

重文・ニの櫓が見える

180度折れ曲がって、にの門が見える。

重文・にの門東方上・下土塀

2008年のにの門。
通路が大変狭いのが分かる。攻めにくいのだ。

重文・にの門2008

重要文化財・にの門は鉄城門で、城内でも最強クラスの鉄壁を誇る。
この門の先、西北腰曲輪からが、姫路城の本丸なのだ。

姫路城 にの門は鉄城門

門の中でまた180度曲がる。天井は低く、地面は階段。攻めにくい。攻めにくいぞ!
しかも天板を外せばそこは槍の豪雨が降って来る。

姫路城 にの門内部

鉄壁のにの門をどうにかくぐると、天守はもう目の前!
なんだけど、まだ先は存外長い。

国宝・乾小天守を正面に見据え、三つの塀が交わるほの門に差し掛かる。

正面、国宝・乾小天守と左、国宝・ロの渡櫓

左、イの渡櫓南方土塀、正面、水の一門北方築地塀、右、水の一門西方土塀どれも重文。

左、イの渡櫓南方土塀、正面、水の一門北方築地塀、右、水の一門西方土塀どれも重文

埋門になっているほの門は、天井低く、また狭い。
石垣を切って取って付けたような門で、本丸らしくないのは、もうここまで攻め込まれたら逃げるしかないからか?
それでも、攻め入られるときはこの門ごと埋めちまえ、ということで、防御は鉄壁を誇ることは間違いない。それにしても、城の防御全部入りと言ってもいいような、姫路城のあの手この手の防御手段は恐れ入る。

姫路城 ほの門

ほの門をくぐってすぐに、白壁ばかり見てきたここまでの行程では信じられないくらい渋い塀が右手にそそり立っている。よく言われるのは、秀吉や官兵衛時代のものだというのだが。

姫路城 重文・水の一門北方築地塀

二個前の写真見てもわかるけど、ちょっと不自然に存在するこの水の一門北方築地塀。油壁と通称されるこの古めかしい築地塀は、秀吉時代か輝政時代かは意見が分かれるが一つ言えるのは、ほの門を入って真っ直ぐ進んでしまうと、残念なことに天守どころか、搦手方面の降り口に行ってしまうという事である。その目くらましにこの大きな築地塀は一役買っているのではないか。

姫路城 重文・水の一門

天守へは、築地塀をまた180度折れ曲がって水の一門をくぐるのだが、その前に天守台の石垣に注目~!
姥が石ですね。
網で保護されているのでわかりやすい。
秀吉の姫路改築の際、石不足で困り果てた秀吉が近隣の者にふれを出して石の収集をしていると、どこかのおばあちゃんが、「私では何のお役に立ちませんが、せめてこの石でも」と、石臼を拠出し、大いに喜んだ秀吉は、これを天守台の石垣に使用、両国の者たちも、こぞって石を差し出したという、ほっこりエピソードだ。秀吉時代の石垣は、後の輝政時代の石垣に飲み込まれているはずなので、この石がその石なのかはわからないけど、そんなエピソードは実際にあったのかもしれない。

姫路城 姥が石

天守台の反対側は、
重文・イの渡櫓南方土塀(左)とイの渡櫓(中)とロの渡櫓。この曲輪は縦長の腰曲輪で、前述の通り、油壁から折り返さないと天守から遠ざかってしまう。

姫路城 重文・イの渡櫓南方土塀(左)とイの渡櫓(中)とロの渡櫓

重文・ニの櫓(右)と水の二門(真ん中下の小さい瓦)。左は乾小天守。
飛行機雲に気を取られて、門の正面は撮っていない・・・
このあたりは、細切れに「水」と名の付いた門がある。水曲輪とも呼ばれる、天守へ最後の道のりとなる。

姫路城 重文・ニの櫓と水の二門

 右、重文・二の櫓南方土塀。正面水の三門(非重文)
水の二門から先は、緩い下り坂になる。ヤラシイね。これじゃ、道間違ったんじゃねえかって、不安にもなりますわ。

姫路城 右、重文・二の櫓南方土塀。正面水の三門(非重文)

むかって左には乾小天守、ハの渡櫓、西小天守がそびえている。どれも、国宝だ。

姫路城 国宝・ハの渡櫓と西小天守(右)と乾櫓(左)

背も低く幅も狭い水の三門をくぐる。
ここから備前丸に下りることができるが、現代になって作られた通路である。
更に水の四門をくぐる。

姫路城 水の四門

西小天守と大天守に挟まれ、二の渡櫓もつられて国宝である。

姫路城 国宝・ニの渡櫓。下は水の五門

二の渡櫓は、水の五門を兼ねている。
水の五門はまさに天守への入口と言って良いもので、二層の渡櫓の窓は鉄格子、普段は閉ざされているが狭間が6つ(写真の白い四角)、城門も見事に総鉄板張り、大天守からも容赦ない弓鉄砲石落としの雨あられだ。

姫路城 水の五門

水の五門をくぐるといよいよ最後の水の六門。
柱の装飾に威厳があります。

姫路城 水の六門

というわけで、続きはまた今度。天守篇にて。


テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

20 姫路城② 菱の門~上山里曲輪経由備前門

いよいよ姫路城の有料区域に潜入!
まず菱の門だが、国宝・重要文化財一覧の看板をみて驚愕。
大小天守と渡櫓など8の国宝。
櫓・渡櫓が27。門が15。塀が32も重要文化財に指定されている。
中堀の内側は特別史跡に指定されており、石ころ一個、持ち帰ることは許されない。

姫路城 国宝・重要文化財一覧

見渡す限り、文化財でない設備を見つけることが大変な城跡で、現存建造物一棟でも、大喜びでありがいのに、姫路城はかなりの部分で当時の姿がそのままに残っている、まさに日本の史跡の代表、文化の象徴!奇跡の城なのである。

菱の門は、二の丸の入口にあたる城門である。
城門へ至る通路は桝形虎口を形成し、城内の現存門では唯一の真壁造りで、これは安土文化の傑作と言って良い。

重要文化財 菱の門

黒漆に金箔を施し、雅趣ムンムンの格子付き華頭窓が麗しい。
下の写真は、2008年時点。その下は2012年の平成の大修理の時のものである。

今回(2015年)の写真(上)と見比べると、重文・菱の門西方土塀(菱の門の左の白い塀)の、石垣の上の黒いカビのような模様がきれいになっているのがわかる。

菱の門と大天守 平成の大修理前

まさにビフォーアフターで、これを逐一やっていたらキリがないので、どんどん進んでいきたいと思う。先は長いのだ。

天空の白鷺 菱の門

菱の門と大天守ってのも、乙だなぁ。

菱の門と大天守

菱の門の先は二の丸である。
方形の三国濠が目の前に出現し、道は右手と正面、西の丸の左手前に分かれる。

三国濠、三国堀とも表記される。単独でどこともつながっていない水堀で、城郭用語を用いれば「捨て堀」ということになる。地下の湧き水が地表に染み出して溜まっているそうだ。姫路城の水回りの豊かさが、これでよくわかる。

三国濠と大天守

攻め入る人間の心理として、真っ直ぐに進むのが一番手っ取り早く、しかも天守が正面に見えているので、つい正面のルートを行ってしまうのだが、これは心理作戦で実は天守への近道は右方向なのである。

下の写真の赤丸の部分は、秀吉時代の石垣の名残で、もともとは奥まで続く長い水堀だったものを、池田輝政が大改修をした際これを埋めたため、石垣の端っこといった雰囲気で、Vの字の様な模様が残ったのである。

三国濠の石垣埋めた跡と重文・いの門東方土塀

ひとまず雑兵の様に正面を進んでみる。
シンプルなデザインの門は、いの門で、重要文化財である。ちなみに左手の塀すら重要文化財で、これは、ろの門西南方土塀という。

重要文化財 いの門

その先にはすぐに、ろの門がある。これも重文。
いも、ろも、高麗門という門構えである。

重要文化財 ろの門

ここで一旦、いの門へ引き返し、三国濠まで戻り、三国濠に沿って大天守を左手に見つつ、るの門へ向かう。

下の写真。
正面には石垣がそびえ、リの一渡櫓(右隅っこ)・リの二渡櫓(左)が上方を固く守る。石落としや格子窓、隠し狭間がポツポツと見える。どちらも重要文化財だ。

赤丸の部分に石垣が斜めの線の様になっているのが見て取れる。これは右手が秀吉時代に、左手が輝政時代のものである。三国濠の石垣と一緒で、輝政が増築した際にこうなった。

姫路城 三国濠石垣 継ぎ目のある石垣

この三国濠正面から見て右手のみち、さっき書いたように天守への近道だが、一見行き止まりである。しかし、リの一&二渡櫓石垣の左手にひょっこりと埋門が存在している。


ちなみに、この城の門櫓の名称だが、いろはで続いており、門に関しては平仮名を用い、櫓に関しては片仮名を用いている。菱の門、化粧櫓など、もちろん例外もあるが。


敵兵は菱の門から正面に突き進み、いの門、ろの門と殺到する。その際、このるの門(跡)が横槍を入れ、敵兵を壊乱させるという戦略の基に存在する門で、もしこちらが攻められたら石垣ごと門を埋めてしまえばいい、というものである。元々は両開きの門があったらしいことが、礎石を見ればわかる。
こういうのは小さめの城でも見かけることがある。

姫路城 るの門跡

せまっ苦しいるの門の枡形石段を登ると、右手はぬの門(後述)である。左手は、前述のろの門へ続いている。
目の前の土塀はいの門東方土塀で、三国濠をL地に取り囲む長い土塀だ。重要文化財。
奥に見えている土塀も重要文化財。ろの門西南方土塀。木に隠れかけているのが、西の丸の化粧櫓で、言わずもがな重文だ。

手前いの門東方土塀、奥るの門西南方土塀更に西の丸の化粧櫓など(全部重要文化財)

その背後には弧を描いた石垣がそびえる。石垣上の、はの門東方土塀(重文)も弧を描いているが、途中で途切れている。これは取り壊したわけではなく、もともと無い。敵が攻めてきた時にワーっと殺到すると、突然落っこちるといった冗談みたいな防御施設なのだが、攻め手の気持ちになって、上の曲輪から見てみると、確かに落っこちそうな印象を受けるだろう。

重要文化財・はの門東方土塀

三国濠を一周してろの門に戻る所だが、ここで引っ返してぬの門方面に行ってみよう。


ぬの門は、当然のように重要文化財で、城内唯一の三層の櫓門だ。門の木の部分は黒鉄張りで強固。二層目には隠し石落としがあり、狭間から鉄砲を撃ちかけられるようになっている。

重要文化財 ぬの門

更に、ぬの門後方は扇の勾配と言われる角度約70°の石垣で、小さめの石の野面積、端は算木積を用いている。この扇の勾配がぬの門に対してL字に張り出していることによって攻め手の勢いを削ぐ。

上山里曲輪への侵入を阻む防御措置は固く厚い。
下の写真は2010.3.21撮影

姫路城 扇の勾配

ぬの門を通り天守へ向かう道を、下道というらしい。こちらが近道だ。
ぬの門の先は、右手に三国濠の先に聳えていた石垣の上に乗っかっていたリの一渡櫓の内側があり、明治、大正、昭和の各時代の大天守の鯱が展示されている。

リの一渡櫓 各時代の鯱

上山里曲輪には、播州皿屋敷で有名なお菊井戸がある。
江戸時代の庶民を震え上がらせ、現代もなお語り継がれる怪談中の怪談のモデルとなったのが、この井戸に投げ込まれたというお菊の逸話なのである。

上山里曲輪 お菊井戸

お菊の伝説は、白鷺城と呼ばれる今の大天守が建てられるよりずっと以前。黒田官兵衛が治めるさらに前。永正年間(1519年~)小寺氏9代目・則職の時代だったという。
姫路城乗っ取りを企てる、小寺氏重臣の青山鉄山。これを阻止すべく、衣笠元信という家臣が妾のお菊を鉄山の館に女中として潜入させ、元信はみごとに暗殺から則職を守ることに成功する。後の話になるが、一旦城を奪われた則職は再起を図り、後に鉄山を討ち果たし姫路城を奪還している。

逆恨みした鉄山は、家来の町坪弾四朗に探らせ、密告者がお菊であることを突き止める。以前からお菊に横恋慕していた弾四朗は、口止めする代わりに妾になるよう求める。
お菊は拒絶したが、これも逆恨みした弾四朗は、10枚一対の小寺氏家宝である皿のうち一枚を隠し、皿の管理者であったお菊を断罪。お菊は憤死し、井戸に投げ込まれたという。
それ以来。あのあまりにも有名な「いちま~い。にま~い・・・」という戦慄の数え歌が井戸の中から聴こえてくるようになった。

平成の大修理が終わった直後の姫路城は観光客でごった返していたが、朝一番という事もあってか、このお菊井戸周辺だけはやけに静か。
上山里曲輪の石垣の先は備前丸だが、そこに到達するには帯曲輪を通ることになる。写真左が、扇の勾配を紹介したぬの門方面で、右がりの門方面である。

上山里曲輪 お菊井戸と大天守

上山里曲輪を守るりの門は小さめの高麗門だが、立派な太鼓櫓の、への櫓が付属している。どちらも重要文化財だ。

重要文化財 りの門・重要文化財 太鼓櫓(への櫓)

りの門は解体修理時に「慶長四ねん大工五人」という墨書が発見されており、池田輝政時代に建造されたものであることが判っている。関ヶ原合戦の前年であり、きな臭い情勢の中、城郭の増築を進めたのだろう。

2010年時は、平成の大修理の準備で、この先へは進めなかった。

重要文化財 りの門・重要文化財 太鼓櫓(への櫓) 平成の大修理以前

上山里曲輪からりの門をくぐると、帯曲輪である。
ふりかえってみる。
太鼓櫓(正面)は明治期についた名だそうな。右端がりの門だ。

姫路城 太鼓櫓とりの門内側から

では帯曲輪を進もう。
右の土塀は太鼓櫓北方土塀。これもまた重要文化財だ。アメリカの映画「007」で忍者に手裏剣を投げさせ、傷つけさせたのが、この土塀だ。
正面に見えているのは、井郭櫓(重文)。井郭櫓にはかつて鉄砲狭間があり、この東帯曲輪を射程にしていたというから、ここへ敵が殺到した場合、つるべ打ちに撃ち抜かれ、それこそハチの巣になったことだろう。

備前丸石垣と重要文化財・太鼓櫓北方土塀

このあたりは搦手口であり、上の写真の、土塀の上に屋根だけ見えているのは重要文化財・帯の櫓である。この帯曲輪の下には、俗に腹切丸と呼ばれた、正式には井戸曲輪がある。階段を降りると、四方を石垣と土塀(重文・帯曲輪櫓北方土塀)と櫓(重文・帯曲輪櫓)に囲まれ進退に窮する曲輪だ。

太鼓櫓北方土塀から帯郭櫓(右)と帯郭櫓北方土塀(共に重要文化財)

帯の櫓はコの字型をしており、搦手を守る重要な設備と言える。
帯曲輪櫓でなく1つ前の写真で屋根だけ見えていた、帯の櫓である。ややこしや。

重要文化財・帯の櫓

観た感じ、作り足したのかなぁなんて思いながら説明板を読んでみたら、本当に作り足してあったらしく、上の写真真ん中あたりの隙間が下の写真なんだけど、ここで継ぎ足して増築したらしい。

帯の櫓を覗く

話がそれるが、ウチの社宅に似ている!!
二間を突貫工事してぶっ通しにしたため、おかげさまで3LDKの広い部屋に住ませてもらっているが、その歪でそこここに謎のスペースができてしまっているのだ。まさに、この帯の櫓まわりの「スペース」には、それと似た雰囲気を感じて親近感が沸いてしまった。勘違いだったら世界遺産に謝ります(苦笑)

そしてその先が備前門(重文)だ。もう天守が目の前なのだが、存外先は長い。
そして備前門の脇にある石垣に注目いただきたい。綺麗な長方形だ(右にせり出しているのは井郭櫓)。

重要文化財・備前門と重要文化財・井郭櫓(井戸櫓).

こちらの写真も同型のものであるが、実はこれは付近の古墳の石棺なのである。
今でこそ世界遺産で特別史跡であるが、現代の価値観を築城当時に当てはめると、多分築城反対運動がおこるだろう。

備前門石垣の石棺

ハコモノをつくるため、あるいは軍隊の本営を造るために貴重な遺跡を破壊して、しかもそれを資材にするとは何事だ!と。

価値観は時代で変わる。姫路城も、100年後には単に「廃墟」として扱われているかもしれないのだ。


帯曲輪から備前門への虎口で邪魔をしそうなのは、先程帯曲輪の正面に見えた井郭櫓だ。
いかくやぐら、と読む。部屋の中に井戸があることから、井戸櫓とも呼ばれていた。
搦手の、との一門ととの二門を守る役割を果たしていた。

左隅のカラーコーンはこの時入れなかったが、2008年の写真があった。

ちの門(左に少し)と井郭櫓(共に重要文化財)

以下5枚は2008年。
こちらが、コーンの向こう側。重文・ちの門だ。扉の向こうに見えているのが、井郭櫓となる。

重要文化財・ちの門 2008

こちらは、ちの門の先にあるへの門(重文)だ。
正面に見えるのは、備前門にくっついている、折廻櫓(おれまわりやぐら・重文)。

重要文化財・への門 2008

ちの門、への門の間の小さな踊り場のような曲輪から、搦手門である、との一門がある。これも重文だが、白漆喰の城には異彩を放つ、素木造りの素朴な城門だ。一説では、池田輝政の慶長年間でもなく、羽柴秀吉の天正年間でもなく、もしかしたら戦国前期に造られた城門を、秀吉が移築したのではないかと考えられている。

重要文化財・との一門 2008

とにかくバリエーション豊かな姫路城の文化財である。
そのとの一門の先はとの二門がこれも重文で現存している。こちらは高麗門であり、との一門と枡形の関係を形成している。

重要文化財・との二門 2008

なお、上の写真の2人は父と父の姉である。
Nの旅のいっちばん最初は、静岡に一泊で行ったことであるが、長旅としては、そのすぐ後に入社5年目で取得できる連続5日間の休暇を使い、「西国歴史探訪の旅」と題し西日本の名城巡りをしたのが最初で、親父とおばちゃんと姫路、岡山、広島、宮島、岩国、中津、杵築、熊本と、好き勝手ヴォクシーで探訪したのだ。

姫路城 搦手から大天守 2008

搦手からの大天守。
初めての姫路城の感動は忘れられない。浦賀から夜通し走ってきた高速道路を降りて、遠目に見えた姫路城は豆の様で、白くて可愛らしいと思った。近くで見たら無論その巨大さに圧倒されたが。

では、最初に戻ろう。
菱の門から上山里曲輪を経由で備前門の所までやってきたが、一旦三国濠まで戻り、ろの門から大天守を目指す。

書き始めは一気に大天守まで書こうと思っていたが、途方もなく長くなり、見返すのも億劫になってきたので、一旦ここで切ることにした。
書いてたら、また行きたくなっちゃったなぁ。

あ、そうそう、これだけは書いておきたい。
沢山出てくる櫓に門に塀。これ全部何々の門とか、某の櫓かわかるってすごいって思うかもしれないけど、ぶっちゃけわかりません。書いてる傍から、これ何の土塀だっけ?とか、分からなくなってすごく大変。一番最初の文化財リストと重ね合わせ、ネットで色んなサイト参考にしながら似たような写真で照合し、自分の写真データには番号振って一枚一枚○○西方土塀とかメモって、間違ってたら直す。さんざん書いた後に途中で間違いに気付いたら悲惨だ。

あーここ、もっとちゃんと撮っておけば良かったなぁとか、写真も下手くそなので悔やまれることも多い(苦笑)

でも楽しいね。何時間もかかるけど・・。
一生懸命ウラを取りながら書いてるけど間違い見つけたら指摘してほしいです。見てる人いたらだけど(辛笑)


テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

19 姫路城① 姫路駅から三の丸広場

2015.03.30(月)07:30

姫路駅に到着。
目的はたった一つ。
3日前の3月27日に復活のグランドオープンを果たした姫路城!

姫路駅 ようこそ姫路へ

姫路城には3回。
2008年5月17日(土)
2010年3月21日(日)
2012年8月15日(水)
今回で4回目だ。2010年時にはすでに「平成の大修理」が一部着工されていて、2012年は「平成の大修理」真っ只中。「天空の白鷺」として、保存修理の一部を垣間見ることができた。

何度来ても、その美しさに圧倒されるばかりだが、今回は初めて電車で姫路へ来たのだった。

姫路駅から姫路城

駅からまっすぐに城まで続く大手筋の道は、常に姫路城を真正面に見ることができ、歩一歩が歴史の世界に誘われるような、高揚した気分に引き込まれていく。

姫路駅から姫路城アップ

そこをグッとこらえ、ファミリーマート 姫路大手前店に立ち寄る。
開門時間まで少しあるので、ファミマの二階のイートインコーナーで軽く朝食を採り、作戦を練る&ケータイの充電を行う。

それでも逸る気持ちを抑えることはできず、少しでも早くとファミマを後にする。
国道2号線は山陽道の新道ということになりそうだが、元々姫路城の中濠を埋め立てて施設した道路らしく、腰巻石垣の土塁が残り、説明看板が立っていた。

姫路城中濠跡

中濠の内側には侍屋敷が、外側には町家が配置されていたという。
駅から歩くと思いのほか距離がある。大天守が大きいだけに、近く見えるのだがやはり徒歩15分は掛かったかもしれない。

姫路城前交差点

ようやく内濠に架かる桜門橋に至った。
ほとんどの場合、姫路城に訪れた人はここから三の丸広場へ向かうことだろう。

桜門橋と姫路城

大手前の交差点から、三の丸広場に入った所までに石碑が3つもある。
石碑好きなら必ず押さえよう!

世界遺産 特別史跡 国宝 姫路城
2012年8月15日(水)撮影(保存修理中)

桜門橋を渡ると復元された大手門がある。
大手門の手前には「史蹟姫路城」の石碑が。

史蹟姫路城碑 2008
2008年5月17日(土)撮影

復元とはいえ大手門もなかなか立派なものだ。

姫路城 復元大手門

大手門の先は、三の丸広場で、なかなかだだっ広い。ビート版みたいな形をした広場だ。
ここに、3つ目の「世界遺産姫路城碑」がある。

世界遺産・姫路城

折角なので、過去3回の写真も存分に蔵出ししようと思う。
修理後と修理前のビフォー・アフターも楽しかろうて(*´з`)
過去の写真には画像の下に小さく撮影日のキャプションを添える。

世界遺産姫路城碑 2008
2008年5月17日(土)撮影

あと、できれば城は城下町を含めて一本で書き上げたいところだったけど、他の城とは圧倒的に規模が違うから、何本かに分けようと思う。
三の丸までで一本。大天守までで一本。大天守で一本。お城の外郭で一本。う~ん、西の丸はどうするか…
悩ましい所だ。まぁ、おいおい考えていこう。


3月下旬ということで、桜満開を期待していたのだったが、まだ半分くらいだった。

五分咲桜に囲まれる姫路城大天守

思っていた以上に人の流れが多かったので、大手前から少し焦り始めた。。。
も、もしや・・・

不安は大当たりで、平日月曜だというのに開門前で既に、たぶん何百人も並んでいた。

姫路城入城混雑

並んでいる時間は、ゆっくり大天守を眺めることができた。
白い!!本当に真っ白だ!

姫路城 三の丸広場で並びながら天守 2015

ほとんど同じ角度からの1枚がある。2008年の一枚だ。

姫路城 三の丸広場から天守 2008
2008年5月17日(土)撮影

結論から言うと、その白さは漆喰の真新しい白さ故である。
視覚効果も用いられていて、上から見下ろすよりも、下から見上げたときにより白く見えるという。

とかく、従来の姫路城を見慣れた人々は「白鷺城」という姫路城の別名をもじって「白すぎ城」と揶揄したり、施工ミスではとの声もあったが、これが、まさに本当の「白鷺」 姫路城なのである。

やがて風雨塵埃の汚れやカビの繁殖により、我々がすっかり見慣れた姫路城に戻るという。
今だけだ。素晴らしく白いのは今だけなのだ。

2010年のものだが、ライトアップもまた、その美しさを際立たせる。
白いうちに、またライトアップは観に来たい。

姫路城 三の丸広場から天守ライトアップ 2010
2010年3月20日(土) 撮影

「天空の白鷺」の時はこんな感じ。

姫路城 三の丸広場から天守 2012 天空の白鷺
2012年8月15日(水) 撮影

ヒメジキャッスルを楽しみにしてきた外国人はがっかりして帰ったという保存修理期間は、修理の様子が間近で見られる、一生に一度しかなさそうな機会であった。

姫路城 大天守登閣整理券・入城券

さぁ、5年の歳月を経て甦った白鷺を堪能しようではないか!!

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

2 龍野西SAで龍野醤油ラーメンを食す!

2013.04.29(月)5:00

播州揖保川を超えると、うすくち醤油の産地・龍野である。

草津PAから2時間ほどで龍野西SAに着いた。
最初の目的地は岡山の西大寺だが、予想以上に順調だったため、この龍野西SAで明け方まで仮眠をとった。

龍野西SA

この時期の山陽道はとっくに暖かいものだと思い込んでいたが、寒いのなんの((((;゚Д゚))))サブ

完全に油断して薄めの長シャツ程度しか持ってきておらず
「なんでダウンなんて持ってきたんだよ~」
って季節感のないメンバーをコケにしてやろうと思っていたのだが・・・


寒さに震えながら夜明けが来た。
一行は早朝の朝食を摂る。

西大寺の次はアートの島・犬島へ行くためにフェリーに乗る。
フェリーはそんなに便数が多くないので、乗り逃したらコトだ(汗)

てなわけで、ようよう明るくなりゆく龍野西SAで
「龍野醤油チャーシューメン」
を注文!700円。

龍野SA 醤油チャーシュー

どんぶりの形が珍しかった。

うすくち醤油味の龍野醤油ラーメン

普通の醤油と値段がそんなに変わらないのにチャーシューは結構な量入っていて美味しかった。

龍野は醤油の産地として有名で、その起源は戦国時代の天正年間までさかのぼり、江戸時代には独自の「淡口しょうゆ」が開発された。

淡口(うすくち)しょうゆは、味が薄いというものではなく、色が淡いという意味だ。
食塩分自体は濃口の醤油よりも2%程高い。

播州の沃野で採れる播州小麦や、佐用・宍粟で産出する三日月大豆、赤穂の赤穂塩が入手できるという原料には事欠かない龍野ならではのうすくち醤油は、お殿様が
「国産第一之品」
とし、領内産業の推進を行い、龍野の特産品になった。

龍野西SA記念スタンプ

一行は龍野西SAを発ち、最初の目的地・西大寺を目指すのであったヽ(・∀・)ノイクシ!!


   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

42 ひめじ授産センター レガーレ「ぼっかけ丼」

天空の白鷺を見終え、昼過ぎだったので、昼飯を食べて帰ることにした。

城の前の通りで適当に入った店は、
「ひめじ授産新興センター アンテナショップ・レガーレ」
という、障がい者の人達が作った授産品が売られている食堂だった。


ひめじ授産新興センター アンテナショップ・レガーレ

食堂は姫路の郷土料理など結構メニュー豊富だった。
Nは気になっていた「ぼっかけ丼」980円を食べることにヾ(@⌒ー⌒@)ノ

レガーレ ぼっかけ丼

ぼっかけ丼は、牛すじの煮込みをどんぶり飯にしたものなんだって。
この旅の途中、どこか忘れたけどどこかで知って、神戸か何かのB級グルメらしく、機会があったら食べてみたいと思っていたのだ!

姫路では、前に来た時別の店で穴子の料理を食べて骨が口内に刺さりまくった悔しい思い出があったが、ここのぼっかけ丼は当たり前だけど骨が刺さりまくることもなく、牛すじの味もよく染みていて美味しくいただけたo(^∀^)o ヤッタネ♪

さぁ、、満腹にもなったことだし、けぇるべぇ!!
山陽姫路東→浦賀 575km!!


   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ   

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
旅の記憶
旅日記や城巡りなどの一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示