「吉祥 横浜店」で記念日ディナー!

横浜近辺の割と高級なお店でご飯を食べる、記念日シリーズ!
めったに無い機会なうえ、高級なお店だと写真を撮りにくいので記事になりにくいのが難点だけど(;^ω^)

平日という事もあって、仕事終わりで出遅れて、大急ぎで桜木町へ向かったが、途中でお店からのメールを見たら18:30でなく、19:00で予約していたことがわかり、なーんだと思いつつ、余裕で到着し、下見で近くまでつらつら歩いていると、嫁はんも存外早く到着し、結局ランドマークプラザの入口手前で待ち合わせになった。

ランドマークタワーに隣接の、ランドマークプラザ5Fにあるのが、今回食事をした
「吉祥 横浜店」
本店は銀座。昭和30(1955)年創業。横浜店ではしゃぶしゃぶが推されているが、会席料理こそ、「日本料理」を謳う吉祥の真骨頂だろう。

吉祥横浜店 入口 外観

席は、みなとみらいの観覧車が一望できる夜景の綺麗な席だった。
特別、席を指定したりとかはしなかったはずだけど、ラッキー!
写真も、撮りにくい雰囲気ではなかったので、ちょいちょいと撮らせてもらうことができた。

吉祥横浜店からみなとみらい

向こうの席には海外のお客さんもいたようで、壮年の店員さんや若い店員さんも、英語で対応していたようだ。そのお客さんも、楽しそうに会食をしていた。

料理のコースは、秋を感じるものにした。
そういえば結婚式の日は、9月肉の日だったこともあって、エンドロールや席次表に紅葉の模様を入れた。当日も素晴らしい秋晴れだった。結婚式で紅葉はあまり使わないイメージだけど、季節感が出てよかったと思う。今日はどんより小雨の空だな。

『秋の味覚 松茸土瓶蒸しとステーキの秋月会席』
一休.comで予約したら、飲み放題プランだった。飲み放題。お店ではおしとやかに、フリードリンクと銘打っていた。

綺麗な着物の店員さんに、先ずお飲み物を聞かれるも、なかなか決められず、ちょっと待ってもらった。結局りんごジュースと烏龍茶とかいう、ど普通なソフドリから始まる記念日ディナーw
ただし値段は双方550円!飲み放フリードリンクだから安心して頼めるが、そうでなければ一杯でおしまいだったろう(苦笑

飲み物が決まっても、注文は慌てず来るのを待った。静かに時間が流れ、去年はどこに行ったっけ?とか、意外に忘れてしまう思い出をふたりで呼び醒ますのであった。
ああ、元町の霧笛楼だ。やっと思い出したくらいで、最初の料理が運ばれてきた。

先付 きのことホウレン草のおひたし

吉祥横浜店 先付 きのことホウレン草のおひたし

お手並み拝見。そんな感じで嫁はんがおひたしをひと口。うん、と頷く。
(こやつめ、しかつめらしく頷きおって。俺は庶民の反応に終始してやるぞ)
そんなふうにおひたしを食べてみる。ああ、うん。おいしい。頷いていた。

つぎに
吸物 松茸土瓶蒸し
がやってくる。一見、カボスの乗った不思議な急須だ。

吉祥横浜店 吸物 松茸土瓶蒸し

柑橘はカボスではなく、スダチ(酢立)だった。お吸い物をそのまま頂いでも、中の松茸が香って十分味わいがあるが、途中でスダチを入れてみたら、一緒に入っている鱧、銀杏、海老、三つ葉までが引き立って、深みのある味わいになっていった。嫁はんの飲みっぷりが素晴らしくはやかった。

吉祥横浜店 松茸

松茸って、なにがそんなに人気があるのか良くわからんかったけど、香りが良いんだね。

造り 季節のお造り二種盛り

吉祥横浜店 造り 季節のお造り二種盛り

生魚は食べれない俺も、いつしかちゃんとしてそうなものは食べられるようになりました。
ひと口ひと口、それを証明するように咀嚼してみる。嫁はんは心配しているし、後から来ないか自分でも心配だが(腹こわす)、大丈夫だった。

焼八寸
秋刀魚菊花焼、蟹とアボガドの生春巻き、栗蜜煮、紅葉丸十、丸十茶巾、チーズ真丈、サーモン寿司
里芋あられ揚げ

銀杏や銀杏の形にあしらわれた紅葉丸十やチーズ真丈が可愛らしくて季節感がある。

吉祥横浜店 焼八寸

真丈ってなんよ?練り物のことらしい。
じゃあ、丸十って。そんなことも知らんのかい。丸に十の字を思うてみよ。薩摩の紋所であろう!そう、サツマイモのことだったのだ。知りませなんだ。知りました。美味しゅうございました。

ここで、ロゼスパークリングワインを頼んだ。ステーキを見越してのことだ。ステーキはワインに合う。嫁はんのしったかぶりを鵜呑みにしてみたのだ。スパークでも大丈夫なのかな。

煮物 秋野菜の炊き合せ

吉祥横浜店 煮物 秋野菜の炊き合せ

つくづく。食べ物には季節感が大事だよなぁ。って思う。みよこの彩。夏のように緑野菜の連投だったら、ここまで胸を焦がすような感慨には浸れまい。

中皿 ステーキ

吉祥横浜店 中皿 ステーキ

こちらをですね、おろしポン酢で頂きます。これは旨いです。ワインがあってるかどうかなんてよくわかりませんが、とにかく美味しいお肉で、量も的確である。あまり多いと油気にやられる。

食事 松茸御飯 香の物 赤出し

吉祥横浜店 食事 松茸御飯 香の物 赤出し

お肉と一緒に出してもらった。基本的にはお肉の後出しだが、きっと一緒に食べたいお客が多いのだろう。聞いてくれたのでそうしてもらった。松茸御飯。香るなぁ。これをお肉と食べてみる。嫁はんから見るとぶち壊しだろう。でも満足だ。

あとはデザートを残すだけだね。みなとみらいの夜景を見ながら(といっても俺の背中側にあるので懸命に体を捻ってみている)、調子に乗って撮りまくった写真を眺めている。誠にゆるりと時間が流れる。

どこで知ったのか(たぶん予約した時のアンケート欄かなんかにチェックしたのかも。忘れた)、結婚記念日おめでとうございます!と、にこやかにあの綺麗な和装の店員さんがデザートプレートを持ってきてくれた。

デザート 白胡麻のムース

吉祥横浜店 デザート 白胡麻のムース 記念日特別プレート

白胡麻のムースだけではなく、抹茶のアイスと、定期的に色が変わる幻想的なコップが置かれ、「結婚記念日おめでとうございます」日付と店名が印字された色紙が添えられていた。おぉ~!とひとしきり喜んでいると、みなとみらいをバックに写真も撮ってくれて、9時になったらもっと綺麗ですので、またお撮りしますよ。と言って、まぁ悪いしいいか、と思っていたら、時間になったら来てくれて、また撮ってくれた。考えてみたら、席もここにしてくれていたのだろう。

花火のように鮮やかな観覧車。〆の烏龍茶を掲げる俺、色紙を開く嫁はん。これをあえて一言で表現するなれば、幸せ、であろう。
これは別に今だけのものではない。なんだかんだ、三年目を迎えた、三十路越え夫婦の日常の積み重ねが齎す、幸せ。

二次会は、スタバでのんびりした。嫁はんナント、またケーキを買ってきた。太るけど今日はいいか(割といつも「今日はいいか」)。で、明日は秘湯に泊まる予定だ。三周年だし、記念行事は三日かけてみよう。そんな感じで、出発する(その次の日はアパートの草むしりだが)。

吉祥はなかなか良かった。厳格そうだけどそうでもなく、居心地よく、ごはんも美味しい。またいずれ来よう。


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

ポムポムプリンカフェ 横浜店

横浜にポムポムプリンカフェとゆー、すげー店がある。横浜駅から徒歩5分程だ。
ポムポムプリンは、サンリオのキャラクターで1996年に登場。N世代はそのころ中学生だったので、嫁はんは知ってたけど、Nは知らなかった。同学年だが、男女の違いだろう。

前に、小学校の時のクラス会で、近くを通った時にプリンっぽい雰囲気が気になって見てたら、同級生の女子が教えてくれたので、今度行ってみようと思っていたんだ。

ポムポムプリンカフェ横浜店 外観

サンリオといったら、知ってるのは「みんなのたあ坊」とか「あひるのペックル」とか割と好きで、うつし紙に、ペックルを女子に書いてもらって喜んだりしてた記憶と、たしか「サンリオカーニバル」っていうファミコンを遊んだりしてて、音楽は今でも覚えてるくらいだ。てんてけてけてんてけてけてん♪を、親父が「てんてけてけてん顔が来た」とか歌って笑ってたあの遠い日。そう、あのゲームは、顔を消すパズルゲームだったはずだ。けろっぴも、キティも消えた。たしか。

ポムポムプリンカフェ横浜店 店内

店内は、これは男子一人で来たら勇者だろうってくらい、ファンシーまたファンシー。ポムポムプリン一色だ。かわいいかわいいかわいい。かわいいかわいいかわいい。だ。

ポムポムプリンカフェ横浜店内装

イス席のほかに、ソファー席がある。ちょうど空いたので、ソファー席にしてみた。

ポムポムプリンカフェ横浜店 ソファー席

注文は、せっかくなので横浜限定メニューを。今回はスイーツだけだったけど、ランチメニューみたいのもけっこうあった。

ポムポムプリンカフェ 横浜限定

アイス on マンゴーソーダは、アイスにチョコとハーブで描かれたポムポムプリンが載っている。

ポムポムプリンカフェ横浜店 アイス on マンゴーソーダ

まるで沈みゆく夕日のように切ない哀愁を漂わせる刹那

ポムポムプリンカフェ横浜店 食べかけポムポム

マカロン杏仁プリン。中華街に因んだ横浜限定だ。
激アマ!

ポムポムプリンカフェ横浜店 横浜限定 マカロン杏仁プリン

ふわふわシフォンケーキ。こちらも横浜限定。
1090円+税。高付加価値商品だ!

ポムポムプリンカフェ横浜店 横浜限定 ふわふわシフォンケーキ

お土産も充実。
客層は女子90男子10(女子を伴っている確率99.9%(推定)だ。

ポムポムプリンカフェ横浜店 お土産コーナー

小さい子もいたが、けっこう我々の年代から上もいるようだった。
ポムポムプリンカフェで、けっこうゆったり過ごした休日。


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

2016 初日の出!城ヶ島 馬の背洞門で誓う

年末年始は嫁さんの実家で過ごした。
最後の方だけ紅白を見て、それから菩提寺に除夜の鐘と初詣をしに行った。

三浦 来福寺

ゴォーーン

ゴォーーーン

お寺からお年始のバナナとミカンと住職手製の排紙とつまようじで作ったコマをもらっているうちに年が明けたようだ。
お寺のあとは神社にも初詣した。
どちらも思いのほか人は少なく、家でゆったりしているのだろうか。


翌朝は三浦半島の南端に浮かび、有料橋梁でつながっている城ヶ島に初日の出を観に行った。
知り合いの「まるか食堂」にお年始の挨拶&駐車をさせてもらいに立ち寄る。

初対面のおばちゃんは気風がよく、焼きイカをサービスにつけてくれた。

外観写真は日の出の帰りに撮影
まるか食堂外観

話の流れから先に朝ご飯を食べることに。
鮪ステーキ定食は、脂が乗りまくりで、朝としては胃に優しくなさそうだったけどめちゃ美味しく、岩海苔やお味噌汁も美味しかった。

城ヶ崎 まるか食堂 鮪ステーキ定食

さてさて、時間が押し、危うく初日の出に遅刻しそうだったので速足で海岸を目指す。
嫁母さんはとても健脚で、ゴツゴツ岩場も砂浜もなんのその。

城ヶ崎 2016元旦

ふと振り返ると富士山も見えた。
山頂は初めは真っ白だったが、次第に朝日が照って、赤らんできて感動的だった。
あの山の上から御来光を眺めている人もいるんだろうな。

城ヶ崎 富士山 2016元旦

ギリギリ、城ヶ島きっての初日の出スポット・馬の背洞門に到着!
まさに昇りつつある瞬間だった!

洞門の岩の上は崩落の危険があるから登っちゃいけません。
城ヶ崎 馬の背洞門 初日の出

自然が生み出した天然の奇跡を見たようだった。

城ヶ崎 馬の背洞門から初日の出

太陽のエネルギーが一点に集中するような岩の切れ目。
実際、光が凝縮されて目の中に飛び込んでくるもんだから目がやられたw

城ヶ崎 馬の背洞門 初日の出2016

洞門の左側には登り口があって、柵までは登れる。
そこからの初日の出も素晴らしい。

城ヶ崎 馬の背洞門 初日の出 元旦

くっきりと伊豆大島も見えた。
国盗り合戦の電波はナント箱根湯本の空を捉えていた。

城ヶ崎 馬の背洞門から初富士山

見終ったら急いで戻り、今度は汐入に向かう。
浦賀のN実家に立ち寄り、三浦でもらった野菜をおすそ分け。お年始は来週の予定だったが会ってしまった苦笑

スターウォーズ エピソードⅦ フォースの覚醒
を観て、とんかつ和幸でロースとんかつを。ご飯はもちろんおかわりだ。

義兄のフィアンセさんと初めて会い、眠たい目をこすりながら横浜の家まで戻った。
嫁はお夕寝。
Nは去年の写真整理を。

夜になってご飯を軽く食べ、二年以上眠っていたWi-Fiの契約特典でもらっていた3DSをついに起動し、二台で「ご当地鉄道」をプレイ。たくさんのゆるキャラが登場。存外に面白い。

こうして元旦は暮れていった。
今年もよろしくお願いします\(^o^)/

テーマ : さきっちょ(岬・灯台)巡り
ジャンル : 旅行

喜多方ラーメン坂内 石川町店

元町でスイーツ祭りがやってるからと、仕事帰りの嫁に呼び出され石川町へ。

スイーツ祭りはあえなく終了していた(涙)

泣く泣く石川町駅に戻りつつ、せめて夕飯でもと探すと、どこも元町プライスで、そんな覚悟も金も持って出てきていないので、途方に暮れた。


お、ラーメンあった^_^



と入ったのが、喜多方ラーメン 坂内 石川町店。
坂内(ばんない)は、喜多方ラーメン御三家と称される、喜多方ラーメンの老舗。


注文したのは
喜多方ラーメンとミニ炙り焼豚ご飯 830円。

豚骨スープの醤油味であっさり味。
最近は横浜家系の濃ゆいのばかりだったので、ひさびさに正統派を食べた気分だ。



焼豚はラーメンに入っているトロけるような特製焼豚も、炙り焼豚もめちゃ美味く、それだけでご飯大盛り行きたいくらいだった( ̄▽ ̄)


嫁は
しょうが風味のあったか味噌ラーメン。



こちらは元気の出るしょうがと味噌の味が際立ち、体を動かす仕事で塩分を消費しきった嫁は大喜びで、最近食べたラーメンの中でも群を抜いていると、誉め讃えること怒濤の如しだった。



スイーツはざんねんだったけど、ラーメンで取り戻すことがてきた(笑)

店内には坂内の故郷・喜多方関連の冊子が置いてあり、喜多方への旅情を誘われること山の如しだった(^-^)/

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

エビン 本格インド・ネパール・タイ料理

京急南太田駅から徒歩3分。
ドンドン商店街の入口に、新たに本格インド・ネパール・タイ料理のお店

エビン YABIN

が出来たので、散歩がてら嫁ちゃんと行ってきた^ ^



ディナーセットは何種類かグレードがあったが、割とスタンダードそうな1190円のセットにした。

まずミニサラダとドリンク。
ドリンクはラッシー♪



ラッシーはめちゃ濃厚で、飲むヨーグルトみたいで美味しかった。


サラダを食べてカレーを待つ。
やがて大きなナンとおっちゃんの独特ののっぺりした感じで
おまぁたせぇ(表現できない汗)

チキンティッカマサラ 中辛。
色々種類があって迷ったけど、チキン食べたいのと、色が気に入って頼んでみた。



なかなか辛さが効いて、ナンとの相性もよく、モリモリ食べれた。


嫁ちゃんは
ほうれん草キーマカレー 普通



こちらは安心する優しい味で、それでいてクセになりそうな味わい。

辛さは5段階くらいから選べて、中辛でも存分に辛く、普通なら安心の甘口だった。

ナンとライスは食べ放題で、夫婦そろってナンをおかわりして激しく腹パンになった。

なかなかおいしかったぞー\(^o^)/
スタンプカードも作ってもらい、再訪は約束された(笑)

お会計の時、おっちゃん、
「みな、忙しいねぇ~」
と、最初意味がわからなかったから、ええ、あははf^_^;
とやり過ごしたけど、あとあと嫁ちゃんと考えてみたら、やっぱり日本人は忙しなく見えるんだろなって思った。

お店は居酒屋ってことになっているようで、日本のお酒もあったりした。
ウチらは45分くらいしか滞在しなかったろうか。

おっちゃん、もっとゆったりできるお店にしたいのかもなー(´・_・`)

ともかく、なかなか美味しく、お店の雰囲気も良かったから、また今度はゆったりとカレーもししかばぶーも食べに行きたいな(^ ^)☆

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

プロフィール

ぬたーむ

Author:ぬたーむ

日本全国を巡ってます!
ひとつひとつの旅がつながりあって、いつか一本の壮大な物語になる!!
かもしれない☆
ブログはつれづれ、旅はガチ、歴史はぼちぼち
そんな毎日でありたいなw

★旅行ガイド専門サイト★
『たびねす』『itta』
に記事を寄稿してます☆
『たびねす』ではポイントを絞ってご紹介!
『itta』ではドタバタ道中も一緒くたの旅栞!
ぜひ見に来てね!

あとツイッターも…
『旅景より』


ぜひitteね(*´з`)

旅行メディア「itta」



カウンター


総記事数:

ランキング
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
もろもろ!
あの旅この旅
旅日記の一覧
カテゴリ & ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
全ての記事を一気読み☆

※全記事一覧※

QRコード
QR
RSSリンクの表示